この投稿は2年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2015 年 2 月 15 日 772日前)
1,925文字 (読了時間4分)

SPONSORED LINK

先日、自分の会社のサイトデザインをリニューアルして、プライステーブルというやつを導入しました。これを導入したきっかけは……

  • これまで、なにやら難しげな依頼をされることが多かった
  • ではお会いして話しましょうとなり、いろいろ話を聞いた結果、「こういうソリューションでどうでしょう」と結論を出すのだが、時間かかる
  • うまくいかなくても時間かかるし、うまくいっても時間かかる

ということで、今後はいわゆる「メニュー」を拡充していき、「提供するサービスはこれ! お値段は松竹梅! 質問はいっさい受け付けない!」という風にしたいなあと思い、一目瞭然のプライステーブルを導入してみたわけです。

はじめは自分で作ろうと思っていたのですが、なんかそれっぽいプラグインEasy Pricing Tableを見つけたので、それを使いました。

それでですね、ちょっと感心したのは、このプラグイン、プライステーブルの「プラン名」のところに、こんなサジェスチョンが出るんですよ。

プライステーブルのプラン名に関するサジェスチョン
プライステーブルのプラン名に関するサジェスチョン

これを直訳すると、こんな感じです。

ここにプラン名を入れてください

ベストプラクティス:

ブロンズ、シルバー、ゴールドといったどうとでも取れる名前を避けてください。

その代わりに、個人向け、小規模オフィス向け、企業向けといった、目的のはっきりした名前を選びましょう。

多くの人は機能ではなく、名前でプランを選びます。企業に属する顧客はたとえ個人向けプランで十分だったとしても、「エンタープライズプラン」を選ぶのです。

どうですか。へー、そうなんだという感じじゃないですか。「そんなやついねーよ、馬鹿じゃねーの」と思うかもしれませんが、専門外の領域だと誰でもそういうところありますし、わかんないもんですよ。

名付けの自動化はもうすぐできそう

先日、CMSプロレスというイベントに参加して無残にも敗北したのですが、そのときWP-CLIの紹介をしたんですね。

WP-CLIというのは、WordPress界隈で最近話題のツールで、要するにコマンドラインからWordPressの操作ができるという代物です。

WP−CLIでプラグインを表示
WP−CLIでプラグインを表示

これだけだと「だからなに?」という程度のものなのですが、このツールの肝は「自動化しやすい」という点にあります。

たとえば、「これだけは入れておけ! WordPress特選プラグイン10選」みたいなエントリーが上がって「またかよ」とか思うこと多いじゃないですか。

しかし、定期的に話題になるということは、この世界で繰り返しAll in one SEO packとかをインストールしている人がいて、その作業自体は大した時間もかからないんですが、1,2分はかかってますよね。チリも積もればマウンテンなわけで、200回インストールしたら、合計で3時間を超えます。が、自動化してしまえば、基本的に人間が支払う時間的コストは限りなく0に近づきます。

プラグインのインストールが自動化対象として適切かどうかはさておき、たとえば1万個のサイトにそれぞれ10個のプラグインをインストールしなければならないような状況が訪れた時、人力でやったらいつまでたっても終わらないですが、パソコンにやらせればすぐ終わります。

で、ですよ。上にあげたような「プライステーブルのプラン名」なんかもすでに「こうしておけば大丈夫だろ」という回答は存在するわけですよね。ベストではないかもしれませんが、グッドではあるわけです。

シーナ・アイエンガーの『選択の科学』でも、「20数個のジャムを選ばせると誰も買わないが、7個ぐらいにしておくとみんな選べる」というような実験が紹介されていて、「そんなにたくさん選択肢あっても選べないよ」ということはある程度実証済みなのです。

そうすると、なんかプラン考えようってなった時に、それなりにいい感じの名前がすでにあって、それでもなお自分でなにか考えたいときは「勝手に考えると〇〇円損するかもしれないけどいい?」とかいうポップアップが出てきたら最高ですよね。

新しいことをしたいのならば、それなりのリスクテイクを選び、そこまでの決意がないのならば唯々諾々と「賢いデフォルト」に従う。そんな未来も悪くないんじゃないかな、と思いました。まる。

選択の科学

選択の科学 [書籍]

著者シーナ・アイエンガー

クリエーター櫻井 祐子

出版社文藝春秋

出版日2010 年 11 月 12 日

商品カテゴリー単行本

ページ数384

ISBN4163733507

Supported by amazon Product Advertising API

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2015 年 2 月 15 日にWeb制作の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

既存の社会制度の中で生き、それを享受してきた人間にとって、そのシステムに期待するものが何もなかった者たちが、格別恐れもせずにその破壊を試みる可能性を想像することはおそらく不可能なのだ。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。