この投稿は8年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2008 年 9 月 22 日 3,171日前)
1,009文字 (読了時間2分)

SPONSORED LINK

今日、大家さんが夜中の10時ぐらいに部屋に来て、水漏れしていると思いっ切り尋問してきました。なぜか一階に連れて行かれ(というのも、うちの真下はマンションの入り口なのです)、水がダダ漏れしているのを見せられました。

さも「おまえがやったんだろ!」とでも言いたげな大家さんでしたが、それは単に配水管が古いからだとぼくは思うわけです。

うちのお風呂は昔懐かしのバランス釜で、下にスノコを敷かないと浴槽の下の風呂垢が流れ出てくるという大変不衛生な環境です。さらに加えて、風呂場には多くのハサミムシが訪れます。

そう、ハサミムシ。昔は石をひっくり返すといたものですが、うちでは風呂場に出ます。本当に久しぶりに会ったもので、最初は彼とはわかりませんでした。

ぼくは警備員のバイトをしていたときにゴキブリが耳元でカサカサいうようなところで寝ていたので、こういう昆虫を見ても「やあ! こんにちは!」と思う程度なのですが、あまりにも毎日はさみ虫が出ては水死していくので、こいつらはどこから来るんだろうと不思議に思っていたのです。

で、ある日彼が風呂場の排水口からひょろっと顔を出すのを見ました。これまた警備員時代の経験ですが、配水管にハサミムシが出るということは、どこかに穴が開いているのに違いないのです。

たぶん、配水管に開いている穴から水が漏っているんじゃないかと思うんですが、このブログを書いている最中も大家さんが来て、「心当たりがあるようでしたら、また同じことをすると同じようになりますので……」と言い残していきました。

「歳をとると悪気がなくなる」というのも警備員時代の心得なので、別にいいんですが、水漏れ直すついでにはさみ虫も出ないようにしてほしいな、と思います。

ちなみに、「水周りにはさみ虫」というのはよくあるケースのようで、検索してみたら、何件か出てきました。

浴室にハサミムシが発生して困っています。
戸は閉め切っており、排水口の掃除もしているのですが、古い社宅なのでどこかが腐っていたり穴があいたりしているのかもしれません。目に付くところにほころびはないんですが・・・。出典:Yahoo! 知恵袋

なんにせよ、今回の件で勉強になったのは以下の三つです。

  1. どこに行っても大家は威張っている
  2. 警備員をやると色々と役に立つ
  3. 人力検索で日常生活の問題を解決してる人っていい人そう

ほんと、日常生活って面倒臭いですね。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2008 年 9 月 22 日にその他の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

既存の社会制度の中で生き、それを享受してきた人間にとって、そのシステムに期待するものが何もなかった者たちが、格別恐れもせずにその破壊を試みる可能性を想像することはおそらく不可能なのだ。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。