WordCamp Tokyo

2016 年 9 月 9 日 258日前)
2,546文字 (読了時間6分)

SPONSORED LINK

来週の土日(9/17, 18)にいよいよWordCamp Tokyo 2016が開かれます。僕は実行委員長なので、おすすめセッションとかパブリックに言ってしまうと、「あれ、俺って委員長の推しメンじゃないの?」と思ってしまう方が出てくる可能性があるので、自分のブログでこっそり書きます。

僕は当日、委員長として忙しく動いているので、セッションを聞けない可能性があるんですがね!

さて、WordCampにはタイムテーブルが公開されているのですが、同じ時間帯に色々セッションが並んでいるので、どれを聞けば一日楽しく過ごせるかをご紹介します。画像にすると、こう!

schedule

10:10〜11:30 セキュリティ

まず午前中は徳丸先生のセキュリティセッション「CMS四天王への攻撃デモを通じて、WordPressの効果的な防御法を学ぼう」から。見どころはCMSをクラックしていくところです。僕が書いたインタビュー記事も好評のようなので、ぜひ御覧ください。

interview:徳丸先生に聞く、WordPressとセキュリティの気になる事情

10:30〜12:10 オープンソースとビジネス

続いて、「Contributing, You, and your Business / 貢献すること、あなた自身のこと、あなたのビジネスのこと」でオープンソースのビジネスを学びます。登壇者のMikeさんはDreamHostという会社に勤めるサラリーマンですが、WordPressへソースコードを提供することがその業務です。オープンソースっていうと、それを好きな人が趣味で(つまり、土日や夜中に)やっている印象がありますが、そうでない人もいるんですね。WordPressマーケットで価値を出していくかというお話が面白そうです。

13:30〜13:50 調整中のアレ

アレの方が何かというと、まだ調整中で公開できないのですが、僕は委員長なので知ってるんですね〜。もし実現したら面白そうなので、これを聞きます。いつ公開されるんだろう〜(白目)

13:50〜14:30 越境EC

Why not turn your WordPress site into a multinational eCommerce platform / WordPress のサイトを多国籍のECプラットフォームにしてみよう」では、東南アジアを中心に展開するOmiseという決済エージェントの話が聞けます。Omiseのファウンダーは日本人で、シンガポールで起業したみたいですね。WooCommerceと組み合わせることでかなり成功したようです。今は越境ECというワードでeコマース関連業者がみんなギラついている時期(らしい)ので、そこら辺のお話が聞けるのでは。

14:30〜14:50 オープンソース

ワークフローとしてのオープンソース」ということですが、僕の予想だと政府によるオープンソース利用の話なんかが聞けるのでは、と。登壇者の宮内さんは串本という和歌山の辺境に済んでいるのですが、和歌山は県がGithubリポジトリを持ってたりして、なかなか先進的。前回のWordCampでもホワイトハウスの事例とかが紹介されていました。

14:50〜15:30 FinTech

ZUUという会社のファウンダーさんがお話する「ZUUが考えてきたFinTechとWordPress」では、FinTechというバズワードについてもそうですし、社長自らWordPressをいじってビジネスを立ち上げたという凄い話題が聞けそうです。エンジニア視点で言うと魔改造WordPressなんて見たくもないかもしれませんが、綺麗なソースコードでシンプルな作りでも儲からなかったら意味がないですからね。お会いしたことない方なのでキャラクターはわからないのですが、棍棒で殴って敵の軍隊を全滅させたみたいな話が聞けたら面白いですね。

15:30〜 メディア座談会

KAI-YOU.net、ログミー、サッカーキングという大手メディアが集う座談会です。メンバーすごいですね。個人的にはKAI-YOUはその前身である雑誌『界遊』の時から知っているので、ずいぶん大きくなったなと感心しています。各メディアともに成長までのいろんなストーリーがあると思うので、楽しみですね。ちなみに、司会は僕です。

16:50〜18:00 待機

懇親会が始まるまで、外に出されます。これは準備の都合上、仕方なかったようです……カフェで時間でも潰しましょう。

18:00〜 懇親会

懇親会で交流します。人見知りのためのTipsも書いたので、参考にしてください。交流するのはあんまり得意じゃないなーという人や、「勉強会で仕入れる情報がすべて、フン!」というITモヒカン族の方もいるとは思いますが、人の出会いというのは人生に偶然をもたらす要素なので、勇気を出して参加されることをお勧めします。

というわけでいかがだったでしょうか。

こんなことを言ってしまうとアレですが、僕はWordPressの技術的な側面に関してはわりと最先端の情報を追っていて、それを試してもいるので、あんまり人の話を聞きたいという欲がないんですよね。わりと「それ知ってる」というか。傲慢ですみません。

それよりも、WordPressを使っている人が結果的にこうなったとか、こうやってビジネスを成功させたぜとか、そういう話が面白いと感じます。

繰り返しますが、エンジニア視点としては「WordPressで管理しているサイトはソースがメチャクチャ」とか、「他人の作ったWordPressいじるのは地獄」とか、「WordPressでECなんかやるなバカ」とかはわかるんですが、結果的にそれで成功したり喜んだりしている人が沢山いるというのがWordPressの強みです。CMS界のカラシニコフですね。僕が紹介したセッションを聞けば、そこら辺を感じてもらえるんじゃないでしょうか。

WordCamp東京に参加するには参加登録が必要なので、こちらから参加登録してください。それでは、懇親会で僕と握手! 懇親会に参加しない人とは握手しません! 終わり。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2016 年 9 月 9 日にWeb制作の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

神だって人間を創るとき、新たな創作ができなかったのか敢えてそうしなかったのかは知らぬが、いずれにせよ自分の姿に似せて創った。だからこそ、同時代の作家から一場面をそっくり盗み出していることがあるとアホな批評家に非難されたとき、シェイクスピアはこんな言葉を口にできたのである。「私はうら若い娘さんをお下劣な連中とのつきあいから救い出して上品な社会に入れてやったのです!」同様の批判を受けたとき、これも同じ理由からモリエールはもっと素朴にこう答えている。「俺は見つけたらすぐ自分の財産にする」シェイクスピアもモリエールも正しい。才能あるものは盗まず、奪い取るからである。

— アレクサンドル・デュマ

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。