WordPress

Hi, I detected your main language is not Japanese. I have an english version of about me, so please try it!

2017 年 6 月 8 日 60日前)
1,189文字 (読了時間2分)

SPONSORED LINK

掲題の通り、WordPressプラグインを3つリリースしました。全部公式リポジトリに上げてあります。

その1. HametuPack

WordPressにはJetpackといって、なんかよくわかんないけど入れることになっているプラグインが存在しますが、そのシェアボタンに日本の有名サービスがないので、追加するやつです。

ようはこういうことです。

LINEとはてぶがないので追加するって感じですかね。それだけです。

一番めんどくさかったのは、この管理画面のボタンのCSSを書くところ

Jetpackって、いろんな機能がもりもり入っているので、ソースを追うのが面倒でした。

プラグインページへ

その2. Taro Clockwork Post

以前ブランディングのお話を書きましたが、「文学とWeb制作のアカウントわけよう」ということで、Taroskyという会社にてCTOという役職についているのですが、そこで作ったやつです。

特定の期限が来ると投稿が「非公開」になります。広告記事でよく使われる機能ですね。

デザイナーさんにバナーを作ってもらいました。

ポイントは、「設定項目がほとんどない」ことです。フックでカスタマイズできるようにはしていますが、運用ルールを決めてしまえばそんなに変わるものでもないので、設定項目は投稿タイプを選ぶくらいですね。

プラグインページへ

その3. Taro Open Hour

これも前者と同様にタロスカイ名義で公開した、「開業時間」を入力できるようにするプラグインです。

こんな感じで、開業時間を入力します。

そういうプラグインはすでにあるのですが、差別化要因として「いま開いている施設」を検索できるようになるはずです。

なるはずという曖昧な表現になっているのはなぜかというと、そもそも開業時間を持つ施設(店舗なりなんなり)を複数持っているサイトが少ないはずなので、もしそれが大量にある場合は、なんらかのサーチエンジンだと思うんですよね。

このプラグインの元になるやつは「Hametuha Open Hour」という名前で非公開にて開発していたのですが、はたして「時間による検索」という高度な機能を無料のプラグインとして配布することに意味があるのかよくわからなかったので、いったん外しています。カフェの店長には必要ない機能ですからね。

ただ、やろうと思えばすぐできるので、ビジネスモデルとあわせてそのうち実装しるとは思います。

プラグインページへ

というわけで、皆さん暇だったら使ってみてください。使わなくてもいいので、★を5つください。そうそう、来週WordCamp Europeでパリに行くのですが、皆さん、僕がテロに合わないよう祈っていてください。もし僕が死んだら、すべての著作を購入した上で全集発売のために尽力してください。終わり。

 

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2017 年 6 月 8 日にWeb制作の記事として公開しました。

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。