Hi, I detected your main language is not Japanese. I have an english version of about me, so please try it!

この投稿は1年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2016 年 1 月 27 日 542日前)
1,282文字 (読了時間3分)

SPONSORED LINK

Pagesを使っている人は少ないかもしれませんが、そのTipsです。

最近のMacはMS Officeの代替製品としてPages(=Word), Numbers(=Excel), KeyNote(=Power Point)がついてきます。KeyNoteはプレゼンなんかでよく使われていますが、僕はPagesも愛用していたんですよ! なんでかというと……

  • 連絡先をドラッグ&ドロップするだけで差し込みフィールドに入れてくれた

とまあ、それだけの理由ですね。

しかし、新しくなったPages(バージョン5移行?)にはこの差し込みフィールド機能がなくなってしまいました……。いままで僕が作った以下の資料がクソの役にも立たなくなってしまったわけです。

  • 送り状
  • 封筒印刷(税理士とかに領収書送るとき使う)
  • 契約書関連(相手の会社の名前)

しかし、契約書を作る仕事の心理的障壁はかなり高く、発注するかしないかのタイミングでダラダラして顧客の信頼を損ねるのはよくないという思いから、なんとか自動化できないかと試行錯誤した結果、「スクリプトタグ」という機能があるのを知りました。

テキストを選択して、メニューの「詳細」から設定できる
スクリプトタグはテキストを選択して、メニューの「詳細」から設定できる

このスクリプトタグ、設定できるだけで何も機能はないっぽいんですよね。そこでしぶしぶAutomatorを作成し、そのフィールドを埋められるようにしました。

この機能は指定されたPagesを複製して、その中のスクリプトタグの数だけダイアログを開き、置換するものです。本当は連絡先.appのVカード突っ込めば終了というのが一番うれしいのですが、そこまでは頑張れませんでした。

うまくいくとこんな感じになります。

companyに入れるテキストを聞かれて……
companyに入れるテキストを聞かれて入力すると……
該当箇所が変更される! すごい!(そうでもないか)
該当箇所が変更される! すごい!(そうでもないか)

このAutomatorは下からダウンロードしてください。はじめのフォルダ指定が僕のMac専用になっているので、適宜修正されるのがよろしいかと。

Automatorをダウンロード

一応、gistも作ったので、ファイル入力移行の処理をカスタマイズされたい方は参考にしてください。

「Finder項目の選択を求める」の初期値を変更してください
「Finder項目の選択を求める」の初期値を変更してください

仕事柄、いわゆる差し込み印刷(特定の連絡先の数だけDM作ったりとか)はやらないので、そういう要望がある方はPlaceholder Text, Script Tags, and Data Mergeという記事を参考にするといいっぽいです。なにやらアプリケーションもあるみたいですよ。

というわけで、お役立ちTIPSでした。終わり。

入門 Unix for OS X 第5版

入門 Unix for OS X 第5版 [書籍]

著者Dave Taylor

クリエーター酒井 皇治

出版社オライリージャパン

出版日2013 年 10 月 26 日

商品カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数312

ISBN4873116449

Supported by amazon Product Advertising API

 

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2016 年 1 月 27 日にWeb制作の記事として公開しました。

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。