PayPal2013〜

この投稿は4年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2013 年 3 月 26 日 1,461日前)
1,844文字 (読了時間4分)

SPONSORED LINK

花の色は/うつりにけりな/いたづらに/わが身世にふる/ながめせしまにと詠んだのは小野小町ですが、決済系サービスの草分けだったPayPalもまた、後続サービスの追い上げを食らいつつあり、このままでは「私がぼおっとしている間に世の中がずいぶん変わってしまったことよ」となってしまう、というわけで最近リニューアルはじめたようです。

で、本体サイトも少しずつデザイン変わってるんですが、2013/3/7にSandboxも新しくなりました。以前のPayPalはディベロッパーセンター(開発者向けポータル)とドキュメントサイト(なんと1文字ドメイン)とサンドボックスが全部違うという恐ろしい仕様だったのですが、それを統合するようです。

新しいPayPalのディベロッパーセンター
新しいPayPalのディベロッパーセンター

ビッグイシューとしては、新しいAPIの提供。まだUSアカウント持ってないと駄目みたいですが、REST APIで決済できるようになるみたいです。

クレジットカード番号をPayPal側で保存できたりして、後続サービスが持っている機能実装したような感じでしょうか。モバイル向けとか、色々見通しをよくしたかったんでしょうね。

さて、以前のPayPalはサンドボックス用のアカウントと本番用のアカウントを別々に取得しなければなりませんでしたが、次のような変化がありました。

・PayPal本体のアカウントでディベロッパーセンターにログインできる
・ディベロッパーセンターからサンドボックス用アカウントに切り替えできる
・以前のサンドボックスの情報をインポートできる

で、新しくディベロッパーセンターに登録する人は問題ないのですが、以前のサンドボックスにログインしっぱなしだった人は色々と不具合が発生します。ログインしているのにログインを促す画面が出たりとか。

サンドボックスにログインできない
サンドボックスにログインできない

これはCookieの問題らしく、Cookieを削除しないと駄目です。一応、*.paypal.comから発行されたCookieだけ削除してみたのですが、それでも駄目だったので、全部削除してみました。すると、無事ログイン完了。これで一安心。

追記@2013-04-22

ディベロッパーサイトで グローバルナビのApplications > Sandbox accounts > Sandbox siteという リンクを踏むのが正しい手順のようですが、僕はPayPal日本語(Sanboxじゃない方)にリダイレクトされるようになってしまいました。

これ普通に危なくないですかね。Sandboxだと思ってクリティカルな操作を本番にしてしまう可能性があるような気がするんですが…

何度かお問い合わせしたても、Cookieがどうとかしか言わないので、日本語ログイン画面のサブドメインをsandboxに変えてみたらログインできました。お試しアレ。

https://sandbox.paypal.com/jp/cgi-bin/webscr?cmd=_login-run

おまけ PayPalのこれから

PayPalは古くからAPIを提供していて、その方式はオリジナリティに溢れたNVPか古くさいSOAPという2択しかありませんでした。このため、サードパーティのライブラリなんかも、よくメンテナンスされているものは少ない印象です。

このレガシーな資産をどうするのかというのはPayPalの今後の課題ですね。いまのところ、「古いAPIを停止する予定はない」とのことですので、しばらくはサポートし続けるんでしょう。

BitcoinとかWepayの追い上げもあって、中の人も悩ましいでしょう。WordPress.comもPayPalをDisりつつBitcoinを採用しましたからね。WindowsのXP問題なんかと似てるような気がします。PayPalマフィア(創業メンバー)はよそで大活躍なんですけどね。

WIRED VOL.5 GQ JAPAN.2012年10月号増刊

WIRED VOL.5 GQ JAPAN.2012年10月号増刊 [書籍]

出版社コンデナスト・ジャパン

出版日2012 年 9 月 10 日

商品カテゴリー雑誌

Supported by amazon Product Advertising API

ちなみにですが、新しいデザインはWepayに似てますね。どっちかがまねしたのか、これがトレンドなのかはよく知りません。

新しいPayPalのデザイン
新しいPayPalのデザイン
こちらはWePayのサイト
こちらはWePayのサイト

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2013 年 3 月 26 日にWeb制作の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

イギリス人は冷静沈着で、人生の出来事を――たとえどれほど悲劇的なことであれ――ユーモアとともに受け止めるやり方を心得てるとよく言われます。かなり当たっています。それがイギリス人の本当に馬鹿なところなんです。ユーモアは救いにならない。結局のところ、ユーモアなどほとんど何の役にも立たないものです。何年間か、あるいはもっと長いあいだ人生上の出来事をユーモアとともに受け止め、場合によってはほとんど最後までユーモアに富んだ態度を貫くこともできるでしょう。とはいえ最後には、人生は人の心を打ち砕かずにはいない。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。