fbpx

メニュー

この投稿は 5年 前に公開されました。いまではもう無効になった内容を含んでいるかもしれないことをご了承ください。

野武士(パスワード管理をメモ帳でやる人)もしくは原始人(すべて同じパスワードにする人)でない限り、今日日パスワード管理アプリを利用しているかと思われます。

とりわけ、iPhoneで無線LANのクソ長いパスワードを設定するときなどにパスワード管理アプリのありがたみが身にしみます。

で、どんなアプリがあるかというと、有名どころでは1PasswordLastPassですね。現在はiCloudでパスワード管理はできるのですが、Webサイトによってはフォームに反応しなかったりするので、きっちり管理できるツールがあると安心です。あと、Web開発やってる人はサーバにSSHでログインしたり、パスワードをコピペすることが多いですよね。

さて、では1Password買うかー、となります。とてもお高いです。

すごく......高いです......
すごく……高いです……

LastPassは基本無料ですが、ブックマークレットから逃れるためには$12/monthなんですよねー。10年使っても1万ちょいと考えるとそんなに高くないですが、もうちょっとこう、安くならないのというのが人情ってもんです。

そこで紹介したいのがPassword Safeというオープンソースのパスワード管理データベースです。

このPassword SafeはWikipediaにもある通り、どっかの会社が作ったオープンソースソフトです。拡張子は.psafe3。このファイル自体は暗号化されていて、マスターパスワードを入力するとパスワードにアクセスするという案配です。

では、どうやって同期するかというと、こんな感じです。

  1. .psafe3Dropboxに保存する
  2. iPhoneまたはMacに.psafe3を開けるアプリをインストールする

以上です。Dropboxと.psafe3のパスワードが突破されたらすべてが崩壊しますが、そういう人はなにやったってダメだと思いますので、諦めてください。

iPhone用クライアント

Sorry, but item not found.

なお、Android用のpsafe3クライアントもあります。

Mac用クライアント

Sorry, but item not found.

もう一つ、PasswordGorillaというのがあって、これは無料です。クロスプラットフォームなのでちょっともっさりしているのですが、無料なのでそこは我慢ですね。

ゴリラの絵にセンスを感じます
ゴリラの絵にセンスを感じます

なんだかんだで1,000円ぐらいかかるのですが、ポッキリだと思えば安いもんです。それに、.psafe3はオープンソースなので、もし開発元が潰れたりしても、データが残るのは嬉しいですね。

すべての投稿を見る

高橋文樹ニュースレター

高橋文樹が最近の活動報告、サイトでパブリックにできない情報などをお伝えするメーリングリストです。 滅多に送りませんので、ぜひご登録お願いいたします。 お得なダウンロードコンテンツなども計画中です。