Hi, I detected your main language is not Japanese. I have an english version of about me, so please try it!

この投稿は8年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2009 年 8 月 10 日 2,920日前)
1,414文字 (読了時間3分)

SPONSORED LINK

このブログのトップに僕の顔写真がありますが、これは新潮新人賞受賞を記念して友人のカメラマンに撮って貰ったものです。

こんなに伸ばしたのは始めてでした
こんなに伸ばしたのは始めてでした

この後約2年間、僕は髪を一切切らずにのばし続け、こんなにもロン毛になっていたのでした。

なんでこんなに伸ばしたかというと、「制作職で服装・髪型自由なのにネチネチ言われたので伸ばし続けた」という、盗んだバイクで走り出すような理由なんですが、もうそろそろ人生初ロン毛にも飽き始めていたのでした。

しかも、ちゃんとセットしないときの姿を「お笑い芸人のロッチみたい」と評される残酷な現実が。

そんな折り、「髪の毛を寄付するボランティアがある」という情報を聞きつけたので、切ることにしました。

寄付をするための制約は下記の通り。

  • 寄付する髪の長さは端から端までが25.4cm以上あること。ウィッグや抜け落ちた髪の毛、偽物の髪の毛は受け付けることができません。
  • 寄付する髪の毛は束ねるか、三つ編にしてください。
  • 寄付する髪の毛はきれいに洗い、乾かした物をプラスティックの袋に入れ、それから封筒に入れて送ってください。濡れたまま送らないでください。
  • 老若男女問わず、また色や人種も問いません。いろいろな髪の毛が必要です。
  • カラーやパーマをかけた髪の毛でも結構です。ただし、ブリーチ(脱色)した髪の毛や科学物質で痛んでいる髪の毛は受けつけることができません。寄付に適しているかどうか不確かなときは、美容師さんと相談してください。
  • 美容室などの床にを掃いて拾い集めた髪の毛は受け付けることができません。
  • 数年前に切った髪の毛でも、三つ編か束ねた状態で保存されていたものであれば寄付することができます。
  • 三つ編や束ねてある髪の毛に混ざっている短かい毛や白髪、子供の毛に向いていないものは、かつらを作る際のコストの関係により分別されます。
  • カールしている髪の毛は伸ばしたときの長さが25.4cm以上であれば寄付することができます。
  • Locks of Love宛てに寄付される髪の毛のほとんどが、髪を失った子供たちのことを想う子供たちからのものです。
  • レイヤーの入っている髪の毛は、長さによっていくつかの束に分けていただいてもかまいません。
  • どんな方の髪の毛でも、以上の条件を満たしていれば寄付は可能です。

髪の毛のドナー Locks of LOVE の条件・フォームの記入 @ 米国

ほほお、私に適任ではありませんか。

というわけで、美容院に行ってカットして貰いました。

ちょっとホラーっぽい
ちょっとホラーっぽい

これがその髪達です。

ただ、カットに2時間ぐらいかかったので、時間ドロボウを恐れるあなたはご用心。

腰まで髪のある人がボブぐらいにするのなら簡単なんでしょうが、僕程度のロン毛では、根本から切らないと規定の長さに達しないので丁寧に切るのが大変そうでした。美容師さん、ありがとうございました。

翔陽(?)にいたような
翔陽(?)にいたような

なお、現在は坊主頭になりました。なんかスラムダンクの雑魚キャラみたいですが、僕は小さい頃から短い髪の時期が多かったので、あんまり気になりません。

夏なので、こんぐらいが過ごしやすいですね。

蛇足ですが、僕の少ない経験だと「オッサンは坊主が好き、女の人と若い男性はロン毛が好き」という統計が取れています。

ロン毛の人はLocks of Loveへの寄付を検討してみてはいかがでしょうか。

 

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2009 年 8 月 10 日にその他の記事として公開しました。

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

  • かなざわ

    おはよう。

    さっぱりしたね。
    衣類の寄付ボランティアは知ってたけどまさか髪の毛まで寄付できるとは!!!

    勉強になりました〜。

  • >かなざわさん
    コメントありがとう。
    ちなみにエクステもいい物は人毛でできているらしく、現在の同僚には人毛の買い付けをしていたという猛者がいますです。

  • わらお

    このブログを見つけて、今年1月から髪を伸ばし中です。
    余り好きではない24時間テレビには協力しないけど、自分に出来る小さなボランティアの気持ちで。
    夏になり、暑いし、重たくなって来たしで、切りたい衝動にかられながらも、『ここまで頑張ってきたのに、誘惑に負けては!』と、必死で耐えています。
    前髪は自分で切れるけど、他はほったらかし。あまりにボサボサな為、この夏に毛先を切り揃え、まだ胸の辺りまでしか伸びていませんが、25センチ以上提供出来るように頑張ります。冬には切れるかな〜。冬に切ったら寒いな〜。(苦笑)
    このページに到達しなかったら、とっくに切っていたところ。いい情報を有り難うございました。
    m(_ _)m

    • >わらおさん
      コメントありがとうございます。がんばってのばしてください。
      ちなみに、髪の毛を送るとお礼状が届きますよ。「あなたはいいことをしました」みたいなヤツです。

  • トモ

    こんばんは私は、いつもロングヘアーが多くって、切るときいつもモッタイナイな〜って思っていました。
    今月久々に母親に会って今回の話を聞きました。髪の毛なんて時間が経てば本当に伸びるんですョ〜
    何年かに一度バッサリ髪の毛を切るのですが…
    結婚後に旦那さんに了解を得て、一度やってみたかったスキンヘッドにして、その時も腰まで有り…この話を知っていればと思いました。
    それから5年今は、お尻の下まで伸びています。普段は仕事柄、髪の毛を下ろす事が出来ず…
    母親から聞いた話を思いだし、サイトで検索したらココに入れました。
    どこに贈って良いかも解りませんでしたので…本当に感謝です。
    有難う御座いました。
    こんな髪の毛でもヤクになって誰かを幸せに出来るのであれば…またスキンヘッドにしょうかと思いコメントを書いてしまいました