この投稿は2年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2015 年 1 月 5 日 842日前)
2,025文字 (読了時間5分)

SPONSORED LINK

こんにちは。もう正月休みも終わりですね。

つい先日、山梨開拓日誌を書いたところですが、とんぼ返りする形でまた山梨に戻ってきました。今回のテーマは屋根の完成。元旦から4日まで滞在する予定なので、一気に進めてしまいたいところです。

元旦は親戚周りをした後、夜7時ぐらいに到着。コンビニぐらいしか開いていないので、適当に過ごします。

さて、二日目の朝。うっすら雪が積もっていたので、まずは雪を払います。この状態で何日かすると、凍ってしまって屋根から滑落、一昨年折った骨盤を再び粉砕しかねません。

屋根に少し雪が残っています。
屋根に少し雪が残っています。

掃除が終わったら、前回つけそびれた換気扇をつけてしまいます。ここら辺は慣れたもので、ものの1時間で完成。前回は大きすぎたので、今回は小さめの20cm径で。

換気扇をこんな感じで装着
換気扇をこんな感じで装着

そして午後、屋根に貼るアスファルトシングルというペラッペラのアスファルトを買いに行きます。本当は水切りという鉄の部品を買って端っこにつけるらしいのですが、あんまり売っていないし、色が揃わないので却下。1軒目を作った時に余っていた材料に併せて、赤いアスファルトを購入。しめて18,000円でした。

2日目は、なんと買い出しを終了した時点でもう16時。暗くなってしまうので、とりあえず終了とします。夜はArduinoでLEDをピカピカさせたりして遊んでました。

3日目、それでは、アスファルトシングルを少しずつ貼り付けていきます。下から順に貼り付けないと、雨を防げません。また、シングル用釘という専用の釘で打ち付けていくので、半分ずつ重ねる必要があります。そうしないと、釘を打った箇所から水が侵入しますからね。

屋根の上から撮影。今回は角度が緩くて楽勝。
屋根の上から撮影。今回は角度が緩くて楽勝。

で、快調に貼り付け作業をし、もう少しというところで、なんと14枚足りないということがわかりました! 前回余らせてしまった教訓から、シビアに見積もった結果、間違っていました。いやあ、家づくりって本当に恐ろしいですね。

あと3列ほど足りず……
あと3列ほど足りず……

この日は同じ日に来ていたおじさんの還暦の誕生日だったということもあり、16:00に終了。翌朝は嫁さんに早く帰って来いと言われているので、残りの作業は次回ということになりそうです。

テント泊してみた

さて、3日目にやるべきことはもう一つあって、それはテント泊です。僕は山登りをするのですが、秋にテントを購入しました。ぬるい環境(キャンプ場etc)では使用したことがあるのですが、本格的な環境で使用したことがなかったのですね。

で、この小屋付近で無理なら冬山も無理だろうということで、いまある装備でいけるのか試していました。装備としては次の通り。

  • テント
  • 寝袋
  • フリースの毛布
  • 空気で膨らますパッド

外気温は22時で氷点下8度ぐらい。寒いですね。

氷点下8度。寝る前は−10度ぐらいまで下がりました。
氷点下8度。寝る前は−10度ぐらいまで下がりました。

Facebookに投稿したところ、「なんか敷け」というアドバイスももらったのですが、死ぬことはないだろうと、いざ入眠。

テラスに貼ったので、こんな感じ
テラスに貼ったので、こんな感じ

翌朝は7時に目覚めましたが、寒すぎて動けませんでした……。ぐっすり眠れたのは3時間ぐらい、あとはずっと「寒いな」って思ってました。ハイ。

前夜にもらった「湿気と冷気がやばい」というアドバイス通り、テントカバーに霜が張っています。

結露が凍って霜になっている
結露が凍って霜になっている

あと、エアパッドが小さすぎて、その上で寝ようとするとなんか苦しいですね。縦走する人がリュックにつけているウレタンみたいなマットを買った方がいいのかもしれません。

というわけで、現時点での結論は「この装備で行くと辛いかも」です。アイゼンとかはあるので、冬山にいけないわけではないのですが、テントは装備不足ですね。

アスファルトを止める

写真を撮るのを忘れてしまったのですが、アスファルトシングルというものは、釘打ちした上半分はいいとして、下半分が基本的に止まっていない状態です。このまま台風などが来ると吹っ飛んでしまうので、ここをセメント(真っ黒なタールみたいなもの)で貼り付けていきます。

前夜のテント泊によって体力が回復しないまま、半分ぐらいセメントで止めて終わりにしました。

 

というわけで、今回で屋根を完成させたかったのですが、至らず。現在建設中の破滅スタジオは重要な機材がある小屋なので、早めに完成させたいと思います。去年みたいな大雪が降りませんように。

アスファルトシングル 屋根材 ブラウンウッド

アスファルトシングル 屋根材 ブラウンウッド [不明]

出版社オーウェンス・コーニング

特徴16枚入り/梱包(約2.2㎡分), 1坪あたり24枚使用, 本体形状寸法:幅337mm X 長さ984mm, 働き寸法:幅143mm X 長さ984mm, 耐風圧性能:風速48m/s

Supported by amazon Product Advertising API

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2015 年 1 月 5 日にその他の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

「川をのぼり下りするとしても、いったいいつまで続けられるとお思いですか?」
フロレンティーノ・アリーサは五十三年七ヶ月十一日前から、ちゃんと答えを用意していた。
「命の続く限りだ」と彼は言った。

— ガブリエル・ガルシア=マルケス

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。