この投稿は2年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2015 年 1 月 1 日 907日前)
1,229文字 (読了時間3分)

SPONSORED LINK

あけましておめでとうございます。本年も宜しくおねがいします。

ずいぶん間が空いてしまいまいたが、去年の9月に行ったきりだった山梨に行ってきました。相変わらず2件目の破滅スタジオを作り続けているのですが、今回は忘年会でたまたま一緒だったWordPress関係の若者を誘い、30日の昼に出発して31日の昼に帰宅というタイトスケジュールで向かいまいした。

さて、あまり作業時間が取れないということで、「換気扇をくっつけて、屋根をちょっと貼ったら終わりかな?」などと思っていたのですが、到着後、衝撃の事実が判明。なんと、屋根に貼っていたルーフィングという水をはじくシートが吹っ飛んでいました。

 

屋根に貼っていた緑のシートがふっとんでた
屋根に貼っていた緑のシートがふっとんでた

おそらく、とんでもない強風が吹いたのでしょう。家の中はビショビショです。

床が水たまりでビショビショ……
床が水たまりでビショビショ……

到着したときはもう夜だったのであとは明日の朝やろうということで、泥酔。若者(2014 WordCamp実行委員長の一人)と色々話して寝ました。主なテーマは「足立区あたりの悪い奴はほんと悪いのでマジ引く」みたいなことでしたかね。僕も北千住に4年ぐらい住んでたので、そこらへんの事情に詳しいんですよ。

で、翌朝「5時に起きるぞ!」と息巻いていたのですが、まさかの8時起床。ほとんど作業時間がないまま、ホームセンターでルーフィングを購入、さっそく貼り付けに取り掛かりました。

屋根を貼り終わった
屋根を貼り終わった
今回は添え木もつけて盤石の態勢
今回は添え木もつけて盤石の態勢
天窓周りも完璧
天窓周りも完璧

やったらやったですぐ終わるんですよねー。なんだろう。もっと早く屋根を完成させておけば、暴風ごときで小屋の中が水浸しになることもなかったのに……

家づくりは人生と一緒やね、という凡庸な結論を胸に秘めつつ、帰宅と相成りました。「来年は一月中に屋根を貼るぞ!」ということで……それがなぜかですね、いま、私は元旦に再び山梨を訪れ、この日誌を書いています。18時間ぐらいのインターバル。なんだこれ。

なんかですね、元旦の朝に親戚同士で集まるというイベントがあったのですが、その後、嫁さんの実家によってからそのまま山梨に直行したんですね。とりあえず1/4までは山梨にいるので、開拓の様子をお伝えしていこうかと思います。

それでは、本年もどうぞよろしくお願い致します。

おつきあいのマナーとコツ (暮らしの絵本)

おつきあいのマナーとコツ (暮らしの絵本) [書籍]

著者伊藤 美樹, 石原 壮一郎

出版社学習研究社

出版日2007-03

商品カテゴリー単行本

ページ数133

ISBN405403344X

Supported by amazon Product Advertising API

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2015 年 1 月 1 日にその他の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

どいつもこいつも不味いツラだ

— 尾崎紅葉

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。