この投稿は2年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2014 年 7 月 29 日 973日前)
1,498文字 (読了時間3分)

SPONSORED LINK

もう梅雨も空け、夏本番という感じです。秋までには破滅スタジオを完成させるという目標に向け、地道にがんばっています。

さて、前回までで壁を全面に貼ったわけですが、今回はその仕上げとして窓を取り付けることにしました。引き違い戸はこれまでも何回か貼っているので慣れたものなのですが、家を造るたびに成長していきたいというモットーに従い、今回は窓に関しても新たなチャレンジを設定。それは、天窓です。

さて、天窓は以前楽天で買っていたので、材料はO.K. あとは説明書に従って取り付けるだけです。一件目は45°という凄まじい角度での作業だったのですが、今回は少し緩やかな傾斜にしたので無問題。まずは家の内側から天窓のサイズに合わせて穴を開け、木枠をはめ込みます。ここに天窓がすっぽりハマる感じですね。

屋根に穴を開けると木漏れ日がシャレオツ。
屋根に穴を開けると木漏れ日がシャレオツ。

どうでしょう、穴を開けた時点ですでにかなりいい感じです。

この後、屋根の上側に出て天窓を取り付けて行くのですが……これがかなり面倒でした。雨水の浸水防止のためにかなり厳重な構造になっていて、5重ぐらいに浸水防止パーツを取り付けて行くのですが、まあ時間のかかること。

屋根の上でパーツはめるのメンドクサイ
屋根の上でパーツはめるのメンドクサイ

ねじやら釘やらを駆使して取り付け作業を行い、完成したらなんと四時間ぐらい経っていました。それでもなんとか陽の出ているうちに完成し、一安心。で、中から外を見てみたところ、衝撃の事実が発覚! なんと曇りガラスでした!

曇りガラスなので、当然月は見えない
曇りガラスなので、当然月は見えない

「天窓から月とか見えたら素敵やん」と思って設置したのですが、まさかの曇りガラス……楽天許すまじ。よく確認しないで買った僕も悪いのですが、サムネイルだとよくわかんないんですよね。窓はサイズが色々あって、そちらばかり見てしまうので、曇りガラスかどうかまでは気が回りませんでした。

2日目は気を取り直して引き違い戸の設置。2つ購入していたので、二枚つけます。

そうそう、いままでは手に入りやすいという理由から楽天で買っていたのですが、通販で買うと二週間ぐらいかかるんですよね。僕みたいな人間は二週間先のことも考えずに生きているので、「ほしい!」と思ったらすぐ手に入れたいもの。

ところがどっこい、普通のホームセンターにアルミサッシ戸って売ってないんですよ。山梨だと、韮崎のホームセンターがわりと大きめなのですが、いまはもうテラス戸売り場を撤去してしまっていました。取り寄せだと結局二週間ぐらいかかって通販と同じだし、そもそも在庫がないなら現物見れないじゃんということで、業務用ホームセンターで買って持って行くことに。

見よ、この安心感!
見よ、この安心感!

いやー、やはり現物を見ながら買うというのは安心感がありますね。慣れたものなら通販で全然構わないですが、自信のない商品は現物を見ながら決めたいですね。

そんなわけで手に入れたテラス戸2つを取り付け。前回取り付けた大きめのテラス戸の対面に設置しました。

開放感のある窓2面
開放感のある窓2面

なかなか開放感があっていい感じです。

というわけで、今回は窓の取り付けに終始しました。8月中には空いた隙間を埋めて、外壁に着手したいところです。今回の教訓は「店頭在庫を大量に抱えていないリアル小売りは生き残れないぞ」ですね。終わり。

八月の光 (新潮文庫)

八月の光 (新潮文庫) [書籍]

著者フォークナー

クリエーター加島 祥造

出版社新潮社

出版日1967 年 9 月 1 日

商品カテゴリー文庫

ページ数664

ISBN4102102019

Supported by amazon Product Advertising API

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2014 年 7 月 29 日にその他の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

既存の社会制度の中で生き、それを享受してきた人間にとって、そのシステムに期待するものが何もなかった者たちが、格別恐れもせずにその破壊を試みる可能性を想像することはおそらく不可能なのだ。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。