Hi, I detected your main language is not Japanese. I have an english version of about me, so please try it!

この投稿は3年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2014 年 4 月 28 日 1,190日前)
1,911文字 (読了時間4分)

SPONSORED LINK

お久しぶりです。二ヶ月ほど前、山梨大雪害の影響でゲストハウスの屋根が破壊されたというお話をお伝えしましたが、今回はそれを直して来たというご報告になります。金曜日の深夜に到着して、日曜の夜に帰還といったスケジュールでした。

一日目:破壊

前回は雪をかき分けつつ壊れた屋根を取り除いたのですが、まだ微妙に屋根が残っていました。中途半端に壊れた物が残っている状態だと作業を進められないため、残った部材を取り除いて行きます。

友人が屋根を破壊しているところ。
友人が屋根を破壊しているところ。

ほぼ骨組みだけになった状態で、どんな部材が必要かを決めます。壊れた部材の中でも使える物はあるのですが、よりわけるのが大変なので、とりあえず二軍ベンチに下がってもらい、フレッシュな木材を調達するわけです。なんかブラック企業みたいですね。

さて、北杜市には神代桜という名所があって、ヤマトタケルが植えたと言い伝えられる樹齢2000年の桜があります。同行した友人がどうしても見たいというので、寄ってきました。

神代桜。なんか痛々しい。
神代桜。なんか痛々しい。

一片も花が残っていませんでした…….。無為に時間を過ごした後に作業を再開し、なんとか梁の元となるパーツを完成させます。せっかく作り直すので、大雪の反省を踏まえ、もうちょっと頑丈な屋根にしてみました。

メタボが乗っても大丈夫!
メタボが乗っても大丈夫!

このあたりで17:00ぐらいですので、閉店ガラガラと相成ります。

二日目:再生

二日目は新しく屋根を張り替えます。屋根の部品というのは、家の内側から順にこんな感じです。

  1. 内装材
  2. 断熱材
  3. 基礎材(こんな言い方あるのか?)
  4. 防水シート
  5. 瓦的な物

というわけで、今回は3と4の基礎と防水シートを貼るところまで進めます。ここまでやってしまうと、雨を凌げるので気分的に楽なんですね。物置としても使えるようになるし。で、できたのがこのような感じです。

無事元通りになりました。
無事元通りになりました。

同行した友人が家のとなりに生えている木に取っ手をつけて、屋根まで登れるようにしてくれました。なかなかおつなものです。

その他

建築とは関係ないですが、二ヶ月ぶりに行って気づいたことなど。

記念樹ほぼ枯れる

この土地に記念樹を幾つか植えていたのですが、先の大雪でほとんど枯れていました。

  • 紅葉(野村と猩猩)
  • 金木犀

桜は小屋の完成記念、紅葉はそれぞれ飼い犬2匹の誕生木、金木犀はなんかいい匂いするからという理由で植えたのですが……

なんと、金木犀だけが生き残ったんですね! 大雪の日に葉がすべて落ちており、「もうダメだよぉ……」と金木犀が自己申告しているようにも思ったのですが、新芽が生えていました。

そうか、おまえが生き残ったか......
そうか、おまえが生き残ったか……

思い入れのある他の木は完全に立ち枯れ状態なので、複雑な気分です。

スピーカー動く

大雪で一番心配していたのが、破滅フェスの為に購入したお高いスピーカーなのですが、前回救い出したまま動作確認をしていませんでした。このたび、電源につないでマイクチェクワンツーしたところ、無事動いているようでしたので、ほっと一安心。

せっかく買ったのだから色々と使い道を考えてみたいと思います。

FFの戦闘音楽の元ネタ?

今回の訪問では、土地を共同購入したオジサンが来ていたのですが、夜ご飯を食べているときにレコードを流していました。僕は昔LPを聞いていたので、「懐かしいですねー」とかいいつつスティービー・ワンダーなどを聞いていたのですが、ふと耳慣れた音楽が聞こえてきます。

で、ジャケットを見てみると、レイモン・ルフェーブルという人のJet Streamというアルバムなのですが、曲調がファイナルファンタジーの戦闘音楽にそっくりなんですね。同行した友人も「これってファイナルファンタジーじゃない?」といったら激しく首肯してくれたので、多分似てるんだと思います。

ポール・モーリア的な人らしい。
ポール・モーリア的な人らしい。

だから何、と言われたら、だってそう思ったんだもんとしか言いようがないのですが、不思議なこともあるもんですね。オジサン達にそのことを伝えたら「へー」って言ってました。

 

というわけで、ゴールデンウィークもはじまったばかりですが、山梨開拓のご報告です。来週もまた行く予定。

すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考)

すべてのJ-POPはパクリである (~現代ポップス論考) [書籍]

著者マキタスポーツ

出版社扶桑社

出版日2014 年 1 月 29 日

商品カテゴリー単行本

ページ数230

ISBN4594069037

Supported by amazon Product Advertising API

 

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2014 年 4 月 28 日にその他の記事として公開しました。

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。