この投稿は3年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2014 年 5 月 8 日 1,142日前)
2,313文字 (読了時間5分)

SPONSORED LINK

GWなので、開拓してきました。今回は長崎から破滅派同人の山谷感人が参戦。山谷先生は破滅派きってのアル中で、僕がいままで見た中でも生粋のダメ人間なのですが、先日行われた文学フリマに参加するために来たというわけです。
今回はそんな山谷先生と過ごした三日間についてつらつら報告します。

山谷先生との出会い

僕は大学を卒業したばかりの頃、北千住に住んでいて、漫画家の卵とか、いろんな人と代わる代わるルームシェアをしてきたのですね。プチ・トキワ荘みたいな感じです。

で、そのとき漫画家の卵に『奇人達の晩餐会』っていう映画を紹介したら、俺たちもこれやろうってなったわけです。この映画の主人公は、毎週水曜日に晩餐会を開き、そこにバカなヤツを呼んでクスクス楽しむという嫌味ったらしい趣味を持つエリートなのですが、あるときキングオブバカみたないのが来てメチャクチャにされます。

奇人たちの晩餐会 [DVD]

奇人たちの晩餐会 [DVD] [DVD]

価格¥ 5,184

アーティストヴラディーミル・コスマ

クリエータージャック・ヴィルレ, ティエリー・レルミット, フランシス・ユステール, アラン・ポワレ, フランシス・ヴェベール

出版社ビデオメーカー

商品カテゴリーDVD

フランスコメディの中でも出色の面白さ。

Supported by amazon Product Advertising API

その当時の僕たちは「面白いこと考えるのも大事だけど、現実で面白いこと探すのも大事じゃね?」という考え方だったので、「この映画みたいに変なヤツを集めよう」ということになり、夜な夜な宴会を開いていました。いまこうして書くとひどい話ですね。

ある時、山谷に済んでいる歳の近いヤツがいるという噂が流れ、そこで召還されたのが山谷先生だったんですね。山谷先生との出会いについて書くと200,000字ぐらいの超大作になってしまうので書きませんが、とにかく当時の我々の期待を裏切らないダメ人間でした。

ダメ人間との共同作業

さて、今回のテーマは「壁を張る」というものだったのですが、ここで大誤算発生。山谷先生はいままでまっとうな人生を送ってこなかったため、なんらかのタスクを完遂するということができません! 昔、北千住に済んでいたときも一切家事をしませんでした。なんかこぼしたり割ったりするので、逆にメンドクサイことになります。

丸鋸で太ももの大動脈を切断して死なれても困るので、「ビールでも飲んでてよ」とくつろいでもらいます。

一人で壁を張るのは難しいので、とりあえずベコベコだった床を張り直します。この作業で一日目終了。

張り直した床。ビジュアル的にはさほど変らず。
張り直した床。ビジュアル的にはさほど変らず。

二日目で壁を張れるかなーと思ったのですが、特に張れず。スピーカーが壊れても困るので、ブルーシートを貼付けてよしとしました。

空いた壁にブルーシートを貼る
空いた壁にブルーシートを貼る

鹿の頭を貰う

共同購入者のおじさんが立派な鹿の頭蓋骨を持って来てくれたので、それを貰うことにしました。現在建設中のゲストハウスが完成したら飾ろうと思います。ちゃんとした飾り物だったようで、かなり立派な角をお持ちです。

お古の装飾品である鹿。ニッチは興味津々。
お古の装飾品である鹿。ニッチは興味津々。

とはいえ、自分で鹿の頭部を切断して作ったオブジェの方が思い入れは強いですね。なお、この後、鹿の死体がまったく珍しくないと知ることになります。

アル中、弱くなる

さて、山谷先生は自他ともに認めるアル中です。以前は朝8時ぐらいからビールを飲んでいました。バイトの前に一杯ひっかけて行くという感じですね。

が、先月なんと入籍しまして、それ以来奥さんに言われてお酒を控えているとのこと。山谷先生は今年で39歳、定職についたことは一度もなく、ここ10年ぐらいはずっとヒモとして生きてきた強者です。35歳以上で結婚できる男性は3%と言われる現在、山谷先生のようなダメ・エリートが結婚したのかと思うと感慨深いです。あのアル中の酒量が減るんだから結婚って凄いですね。

そうはいってもアル中はアル中なので、ビールは昼から飲んでいましたけど。家庭では断酒中らしいので、奥さんがこのブログを発見しないことを祈るばかりです。

2日×2人でこれぐらい
2日×2人でこれぐらい

山に登る

最終日は登山をすることに。僕は壁を作りたかったのですが、山谷先生が暇だ暇だとうるさかったので。

近場で割と簡単に登れる日向山に登りました。これで三回目です。

今回の日向山登山で特筆すべきことは、沢山の鹿の死骸を見たことですね。日向山には二つ登山口があって、僕は錦滝口という林道をちょっと進んだハードなコースから登るのが好きなのですが、その林道で合計5つもの鹿の死体を見つけました。

鹿の死体その1。
鹿の死体その1。
鹿の死体2。ほぼ完食。
鹿の死体2。ほぼ完食。
鹿の死体3。こちらも跡形無し。
鹿の死体3。こちらも跡形無し。
鹿の死体4。この後にラスボスが控える予感高まる。
鹿の死体4。この後にラスボスが控える予感高まる。
鹿の死体5。割と新しい。
鹿の死体5。割と新しい。

わりと新しい死体もあったので、熊が出て来たら戦おうなどと思っていたのですが、幸い(?)出会いませんでした。その代わり、カモシカを発見。

崖の上にいたカモシカ。最初、熊かと思った。
崖の上にいたカモシカ。最初、熊かと思った。

健脚を自称しつつもちょっと油断すると座り込む山谷先生を叱咤しつつ、頂上まで辿り着くと、虹が出ていました。彩雲というヤツでしょうか。珍しいですね。ここら辺、山谷先生は持ってるなーと感じます。

山頂から見えた富士山と虹
山頂から見えた富士山と虹

というわけで、建設の進捗はあまりありませんでしたが、ご報告まで。梅雨前にはなんとか壁を完成させないと……

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2014 年 5 月 8 日にその他の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

世界のみなさん、あなたの生命か詩か、二者択一、どちらかを選びなさい。もし詩に対して真剣な処置を講じなければ、文明は万事休することになる。遅疑逡巡してはならない。明日からは新しい時代が足を踏み出すだろう。詩はもはや存在しないだろう。古びた霊感に対してあまりにも重過ぎる竪琴は破壊されるだろう。詩人たちは虐殺さるべきである。

— アポリネール

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。