この投稿は4年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2012 年 5 月 15 日 1,780日前)
1,658文字 (読了時間4分)

SPONSORED LINK

都落ちやら犬が増えるやらで忙しく、3月の冒頭に行ったきりだったので、久しぶりの山梨開墾でした。今回はワクチン注射を終えたパッキンちゃんの山梨デビューでもあります。

パッキンちゃん山梨デビュー
パッキンちゃん山梨デビュー

Vamoちゃん死にかける

さて、都落ちして千葉に移動したので、山梨を訪れるのには関東平野を横切る形になります。いままでは3時間弱だったのですが、道が空いていてもプラス1時間はかかる計算になります。特に首都高を横切らなくてはならないので、渋滞にぶつかる確率がかなり高いですね。考えるだけでも嫌になります。例の高速バス事故もあったため、トラブルがないよう祈りながら運転していたのですが……

この日は平日だったため、首都高速は渋滞なし。新宿まで1時間ぐらいで到着し、中央道に入ったのですが、談合坂を超えてからトラブル発生。高速でスピードがぐんぐん落ちていき、アクセルを踏み込むと空吹かしのような状態になるだけでスピードが上がらない!

これは大キョーフ! 甲府南インターで降り、ガソリンスタンドに駆け込むも、スタッフのお兄さんでは手に負えず、ディーラーにいくことになりました。

HONDAのディーラーで途方に暮れる
HONDAのディーラーで途方に暮れる

ディーラーで待つこと1時間半、どうやらATを切り替える装置がおかしくなったのでは、とのこと。お値段なんと18万円。ただ、「エンジンが空吹かしになる」という状況を再現できなかったらしく、「問題の再現はできない、取り替えれば直ることには違いない」というWebサイト開発みたいな状況になりました。時間を置いたところ普通に走ったので、とりあえずATの交換は千葉に帰ってから検討することに。

ちなみにHonda VAMOSは知人から10万という破格の値段で買ったものだったので、AT交換で18万かけるんだったら買い替えてもいいかなーという気分です。あ、でもローン組めないか……

刈っても刈っても竹

そんなこんなで無事山梨に到着したものの、一日目は終了目前。とりあえずその日は寝て、翌日朝から作業を開始しました。

この日は天気もよく、絶好の草刈り日和。敷地内の竹を無心で刈り続けました。かなりの量の竹を刈っていますが、まだまだ敷地の60%以上が竹に覆われています。

竹を刈って積み上げ
竹を刈って積み上げ

今週のハウメニーヒル

この土地では以前お伝えした通り、ヤマビルがかなり出るのですが、この日のようにじめじめしたコンディションでは要注意。かなり気を使ったつもりですが、一カ所やられていました。

より精進して、ノーヒル(一カ所もヒルに食われないこと)を目指したいと思います。

左腕を噛まれました
左腕を噛まれました

鹿の骨

以前お伝えした鹿の骨ですが、ちょっと動物に掘り返されたようでしたが、基本的にはそのままでした。ただ、下あごが割れちゃってましたね。

微妙に掘り返された跡あり
微妙に掘り返された跡あり

取り出してみると、いい感じに肉が取れてます。脳味噌もすっからかんになっていたので、虫さんが食べてくれたんでしょう。

仕上げとばかりに敷地内の小川で流水に晒します。骨も綺麗になる上、すばらしいビジュアルの写真も撮れました。ドゥルドゥルになった靭帯や皮が少し残っていましたが、水の中でブラッシングして綺麗さっぱり。

川に頭蓋骨をつける
川に頭蓋骨をつける

さて、骨を渇かしたらいよいよ設置です。この骨は破滅小屋を訪れた人の目に入りやすいよう、針金と釘で取り付けました。相当かっこいいですね。

ドアの上に飾られた頭蓋骨
ドアの上に飾られた頭蓋骨

次回予告:隣人発見

というわけで、3日間もいたにもかかわらずなんにもしていなかったのですが、ちょっとした発見がありました。

わりと近所(歩いて10分ぐらい)のところにこれから家を建てるっぽいテントを発見。自分のことを棚に上げて「また変な奴が来たわい」と思った次第なのですが、なんと昨日になってBライフ研究所さんのブログ記事にてこのテントとまったく同じ写真を発見。これはちょっとコンタクトを取ってみる必要がありそうです……近所だったとは……

というわけで、まとまりませんが続きをお楽しみに。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2012 年 5 月 15 日にその他の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

私にはポルノの定義はできないが、見ればわかる。

— ジャレド・ダイアモンド

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。