この投稿は5年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2012 年 2 月 16 日 1,867日前)
665文字 (読了時間1分)

SPONSORED LINK

近所にあった鹿の死体
近所にあった鹿の死体

いきなりグロ写真からお届けして申し訳ないのですが、これは近所で見つかった鹿の死体です。自然は厳しいですね。東京でこんな風になっている人間を僕は見たことがありませんよ。

けっこう綺麗に肉がなくなっていたので、多分食べられちゃったんでしょう。このあと、熊の子供みたいな生き物も見かけたので、徐々に春が近づいているようでした。

破滅小屋進捗具合

なぜいきなり死体写真を持ってきたかというと、報告することがなくなってきたからです。なんと、破滅小屋はほぼ完成してしまいました。完成すると寂しいですね。

表はあとドア周りだけ
表はあとドア周りだけ
裏側も完成してしまった
裏側も完成してしまった
ニッチさんも退屈そうです
ニッチさんも退屈そうです

というわけで、今後は破滅小屋の周りの開墾を続けていこうと思います。ゲストハウスを作りたいとか、色々あるのですが、とりあえず土地の60%ぐらいがまだ竹に覆われている状況なので、とりあえずそれをなんとかしないとアイデアもわかないのです。

なお、今後は一ヶ月ぐらい長期滞在してみて、どれぐらい仕事に支障が出るのか、むしろはかどるのかなどをリポートする予定です。

読者サービス

以前、プロパンガスを設置できないかどうかを検討した結果、5リットルの小さいプロパンを買ってきて風呂を設置したのですが、そこに入ってきました。

川沿いに設置された檜風呂
川沿いに設置された檜風呂

紹興酒が腐っていたので、それを入れてちょっとした露天風呂を満喫。ただし、寒過ぎて体洗えなかったです。あと、プロパンは二回風呂を沸かすと空になってしまいますね。都市ガスは偉大ですよ。

お風呂に紹興酒を入れる
お風呂に紹興酒を入れる
 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2012 年 2 月 16 日にその他の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

変革者というのは、世界の残忍さをそのまま受け入れ、そして一段と激しい残忍さで世界に応酬できる人間のことを言うのだと思う。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。