メニュー

山梨開拓日誌〜建築が終わった夜に編〜

この投稿は 6年半 前に公開されました。いまではもう無効になった内容を含んでいるかもしれないことをご了承ください。

近所にあった鹿の死体
近所にあった鹿の死体

いきなりグロ写真からお届けして申し訳ないのですが、これは近所で見つかった鹿の死体です。自然は厳しいですね。東京でこんな風になっている人間を僕は見たことがありませんよ。

けっこう綺麗に肉がなくなっていたので、多分食べられちゃったんでしょう。このあと、熊の子供みたいな生き物も見かけたので、徐々に春が近づいているようでした。

破滅小屋進捗具合

なぜいきなり死体写真を持ってきたかというと、報告することがなくなってきたからです。なんと、破滅小屋はほぼ完成してしまいました。完成すると寂しいですね。

表はあとドア周りだけ
表はあとドア周りだけ
裏側も完成してしまった
裏側も完成してしまった
ニッチさんも退屈そうです
ニッチさんも退屈そうです

というわけで、今後は破滅小屋の周りの開墾を続けていこうと思います。ゲストハウスを作りたいとか、色々あるのですが、とりあえず土地の60%ぐらいがまだ竹に覆われている状況なので、とりあえずそれをなんとかしないとアイデアもわかないのです。

なお、今後は一ヶ月ぐらい長期滞在してみて、どれぐらい仕事に支障が出るのか、むしろはかどるのかなどをリポートする予定です。

読者サービス

以前、プロパンガスを設置できないかどうかを検討した結果、5リットルの小さいプロパンを買ってきて風呂を設置したのですが、そこに入ってきました。

川沿いに設置された檜風呂
川沿いに設置された檜風呂

紹興酒が腐っていたので、それを入れてちょっとした露天風呂を満喫。ただし、寒過ぎて体洗えなかったです。あと、プロパンは二回風呂を沸かすと空になってしまいますね。都市ガスは偉大ですよ。

お風呂に紹興酒を入れる
お風呂に紹興酒を入れる
すべての投稿を見る