この投稿は5年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2012 年 1 月 30 日 1,880日前)
1,963文字 (読了時間4分)

SPONSORED LINK

年明け二発目のブログ更新ですが、破滅派のリニューアルに夢中になっていたため、だいぶ間が開いてしまいました。実は山梨にすでに二回行っていたので、その分をまとめて更新します。

雪原の破滅小屋
雪原の破滅小屋

1月16日〜17日訪問

出窓に断熱材を施す

前回のエントリーで巨大な出窓を作成しましたが、まだ断熱材等を入れていなかったので、入れてみました。すきま風ピューピューだったのがかなり快適です。外装も直していいカンジ。

出窓を外から見た様子
出窓を外から見た様子

ストーブの位置変え

ストーブの位置が部屋の真ん中にあったのと、覗き窓が壁に向いていてイマイチ気分が乗らないので、煙突をぐにゅぐにゅと付け足して覗き窓が見えるようにしました。やっぱり火が燃えているのを見るのは、遺伝子に刷り込まれた快楽という気がしますね。ホームセンターで買った薪運び用のキャリアーも雰囲気出てます。

火が見えると落ち着く
火が見えると落ち着く

ニッチさん用のドアを作る

長坂という車で30分ぐらいいったところにあるJ-Martで犬用のドアを見つけました。アメリカの郊外型一軒屋のドアについていそうなやつですね。中からも外からも開くという優れもの12,800円がなんと3000円! これは買うしかないと即買いしました。

ただ、買ってみて投げ売りされていた理由がすぐ判明。まず作るのが超めんどくさいですね。プラスチック製なんですが、糸鋸でドアの厚さに併せて切らなければなりません。非DIY世界の住人(普通の消費者)からすると、糸鋸でプラスチックを切る時点でそれはすでに商品ではないですからね。そしてそもそも、ドアに穴を開けられる家に住んでいる人はあんまりいないんじゃないでしょうか。破滅小屋は2×4材と合板だけで作ったので大丈夫ですが…… 説明書(六カ国語で書かれている)には、「ガラス戸に穴を開ける場合は」などと書かれていましたが、本場ではガラス戸に穴を開けるんでしょうか? すごい冒険心ですね。

ともかく、こちらも無事完成。ニッチさんは全然通りたがりませんでした。

犬用ドア
犬用ドア

ドアノブをつける

これまでドアは閂で止められていたので、これをドアノブに直しました。ただ、やってみてはじめてわかったのですが、のみって使い方難しいですね。ドアノブの受け口を作るためには、5mmぐらいの長方形の穴が必要なのですが、これがまた難しい。彫刻家などは鑿で石をカンカンやってますが、すごい技術ですよね。

受け口はガタガタになりましたが、なんとかしまるようになりました。

ドアノブはなんとか動きました
ドアノブはなんとか動きました

風呂が壊れている

風呂は基本的にむかわの湯というところを使っているのですが、8月ぐらいから温泉が出なくなっています。「ポンプ故障」とのことですが、工事の様子を見るとどう見てもボーリングしているような……もしかしたら、温泉が枯渇して出なくなっちゃったのかもしれませんね。

新しい温泉を掘っているんじゃ
新しい温泉を掘っているんじゃ

1月28日〜29日訪問

積雪

先週当たり東京でも雪が降りましたが、山梨にもまだ雪が残っていました。破滅コミューンは甲斐駒ケ岳の麓にありますが、ほとんど雪は降らないようで、年に一、二回あればいいそうです。東京で降ったときに山梨でも降ったんでしょう、けっこう雪が残っていました。ニッチさんは大喜びで駆け回っていましたよ。

雪原をかけまわるニッチ
雪原をかけまわるニッチ

台所周り

台所といってもストーブの周りなのですが、IKEAで買った台所用品をペタペタくっつけました。賃貸物件に住んでいるとネジを使った商品が留められないのですが、好き放題できるのもDIYの醍醐味ですね。

台所用品置き場
台所用品置き場

鏡を貼る

鏡をドアにくっつけました。両面テープで貼るタイプだったので、もしかしたらドアを閉めた衝撃でぽろっと落ちてしまうかもしれません。

鏡を一生懸命磨く
鏡を一生懸命磨く

カーテンをつける

山の中なのでプライバシーとかは特に守る必要がないのですが、大きな窓が寒いのでカーテンをくっつけました。カーテンは昔ダイエーで買った物なのですが、ないよりましといったレベルですね。正直微妙です。

カーテンは微妙
カーテンは微妙

外壁を張る

これまで破滅小屋の外見はラミテクトという防水シートむき出しの状態だったので、どこか寒々しい印象でした。これをなんとかしたいというのが今回の訪問の最大の目的でしたが、寒過ぎ&けっこう時間かかったため、あと一面+αを残して断念。次回の訪問で完成させたいと思います。

上部が微妙に出来上がらず
上部が微妙に出来上がらず

今後の予定

もう破滅小屋はほとんど完成なので、これが出来次第寝室&ゲストハウスの作成に取りかかりたいと思います。二軒目はノウハウもたまってきているので、もっと楽に作れるんじゃないでしょうか。ゲストハウスができたら、破滅派の保養所としての地位も確立されることと思います。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2012 年 1 月 30 日にその他の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

変革者というのは、世界の残忍さをそのまま受け入れ、そして一段と激しい残忍さで世界に応酬できる人間のことを言うのだと思う。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。