この投稿は9年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2008 年 4 月 18 日 3,299日前)
499文字 (読了時間1分)

SPONSORED LINK

というわけで、オープンです。しっかりと準備をしてからオープンということにしようと思いましたが、デザインやらに時間を割くことができそうもないので、オープンしちゃいます。

あばうと」にも書きましたが、開かれたサイトにしたいと思っています。コメントなどありましたら、どんどんお寄せください。

そもそもこのサイトを作ろうと思ったのは、「表現の場としてのWeb」に大変興味を持ったからでした。僕はそもそも紙で刷られた本を読むのが大好きですが、「本物の文学は紙でしか生まれない」という意見にやや懐疑的です。

この辺は文学に携わる人間にとってかなりセンシティブな問題です。ぼく自身、小説を書く人間として、少しずつ紙媒体が世界の片隅へと追いやられつつある現状に一抹の悲しさを覚えると共に、媒体に固執するのはよくないという自戒の念のようなものもあります。

なにはともあれ、結局のところ、文学はコンテンツ(=中身)です。古めかしい紙の世界に親しんできた人間が、どうやって新しいメディアで活動の場を持つことができるのか、このサイトはそうした実験の場でもあります。

興味を持たれた方は、ぜひご一読いただければ幸いです。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2008 年 4 月 18 日にその他の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

許そう、だが忘れんぞ

— エミール・クストリッツァ

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。