この投稿は4年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2012 年 6 月 21 日 1,774日前)
432文字 (読了時間1分)

SPONSORED LINK

な…… 何を言ってるのか わからねーと思うが……

新潮2012年7月号とニッチ
新潮2012年7月号とニッチ

ニッチ……それは昔飼っていた犬の名前だ。隙間に潜り込むのが好きなので、そう名付けた。ゴールデン・レトリバーの雌で、彰子が中学生になった年に死んだ。短命の犬種だが、十二年間、家族の一員だった。ニッチが死んだ時以来、夫が泣く姿を見ていない。

島田雅彦『ニッチを探して』

以上です。

新潮 2012年 07月号 [雑誌]

新潮 2012年 07月号 [雑誌] [書籍]

クリエーター松家仁之 デビュー作・一挙掲載650枚!「火山のふもとで」 /島田雅彦 新連載小説 「ニッチを探して」

出版社新潮社

出版日2012 年 6 月 7 日

商品カテゴリー雑誌

Supported by amazon Product Advertising API

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2012 年 6 月 21 日に読書日記の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

なんだって? 僻地の村で十年間の先生稼業か? 食うや食わずの売れない三文作家か? お前はルソーじゃないんだ、坊や。地に足をつけるんだな。

— ジョナサン・リテル

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。