fbpx

メニュー

高橋文樹 高橋文樹

夢日記。

バス停でバスを待っていると、列から外れた大柄の若い男が、通りがかりに足を蹴ってくる。チンピラかと思ったが、そうではなく、発達に問題があるようで、列の人たちは耐えている。何度目かに足を蹴られたとき、私はそれを避け、足払いで返す。ちょっとこらしてめてやるぐらいのつもりだったが、男は激しく転倒し、後頭部を縁石にぶつけて動かなくなる。救急車を呼んだあと、怖くなって逃げる。

子供電話相談室のようなところに匿名で相談するが、完全に私が悪いと論破される。二人組の相談員で、中学生ぐらいの女の子だった。私は「子供に何がわかる」と毒づきながら、電話を切る。

とにかく家に隠れていようと自宅に戻るが、家の駐車場に見たことのない黒い車——リンカーンのような——が乱暴に停車するのが見える。車から出てきたのは現総理大臣の麻生太郎で、私に向かって「俺の息子がさっき逝ったよ、おまえも逝け」と笑いながら話しかけてくる。さっきの大柄の男は麻生太郎の息子だったのだ! しかも、あのまま死んでしまった! 私はなんとか切り抜けようとう「行くってどこにですか」と誤魔化すが、「死ねってことだよ」と言われる。麻生太郎は私に飛びつき、胴体にしがみつく。私は柔道をやっていたので、寝技ならなんとかなるだろうと思うが、麻生太郎の体重は信じられないほど重く、とても逃げられそうにない。

すべての投稿を見る

高橋文樹ニュースレター

高橋文樹が最近の活動報告、サイトでパブリックにできない情報などをお伝えするメーリングリストです。 滅多に送りませんので、ぜひご登録お願いいたします。 お得なダウンロードコンテンツなども計画中です。