この投稿は8年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2008 年 9 月 10 日 3,154日前)
358文字 (読了時間0分)

SPONSORED LINK

というわけで、破滅派のお買い物サイトであるhamazon.comにて、はじめて売上が立ちました。いやあ、やってみるものですね。
東京近郊の方ではなかったので、なんで買おうと思ったのか、しつこく尋ねてみたい気持ちが止まりません。

そういえば、高校・大学の頃に通っていた千葉のモッズヘア(美容室)はフランチャイズだったそうで、そこのパンフレットにはこんなことが書いてありました。

セブンイレブンのフランチャイズ第一号点店では、はじめに売れたのが800円のサングラスでした。

まあ、そんなもんかもしれませんね。破滅派もほとんどご縁のないと思っていた大田出版で話題になってたりします〔参考:破滅派〕。縁というのは不思議なもんですね。最近はちょっと刺激的な出会いもあり、年末に向けてなにかいいことがありそうな気がしています。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2008 年 9 月 10 日に文芸活動, 破滅派の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

許そう、だが忘れんぞ

— エミール・クストリッツァ

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。