この投稿は4年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2013 年 3 月 27 日 1,491日前)
1,012文字 (読了時間2分)

SPONSORED LINK

WordPress本を出したよという告知を書いていたら、ふと以前文芸電子書籍に寄稿したことを思い出したので告知です。ちょっと今更感ありますが……。関係者の皆様、すみません。

寄稿したのは『やがて悲しきCEO』という短編小説です。将来を期待されながら、上場会見に姿を現さなかったのはなぜか? 疑問に思ったITライターがCEOの行方を知るために取材を開始する、という内容です。

この文芸誌は書店員をやっている笠井康平さんという人が主催するものです。ぼくより10歳ぐらい若いと思います。ご指名いただいたので寄稿しました。

ちなみに、このB-はA+という文芸誌と対になっているようです。こちらの執筆陣には『檸檬の頃』の豊島ミホさんと『ここは退屈迎えに来て』の山内マリコさんがいます。

A+もB-もKindle版のみでの販売です。Kindle版っていうと、Kindle持ってないと駄目なの、と思ってしまいがちですが、iPhone, iPad, AndroidにはKindleのアプリがあるので、それで読めると思います。PC版のアプリもあるので、最悪パソコン持っていれば読めます。あと、KoboやPabooでも販売しています。

そういえば、僕の著書一覧ページ見ていて思い出したのですが、未来回路という文芸サークルがやっている雑誌にもインタビューが載っています。

未来回路3.0

未来回路3.0 [書籍]

著者瀬川辰馬, 落合陽一, カズワタベ, やまざきはるな, 安全ちゃん, 周藤瞳美, 雑賀壱, ココネ, 齋藤桂太, 山田光利, 高橋文樹, 佐々木友輔, 水無田気流, 篠塚明子, 中川康雄, 琴葉とこ

クリエーター中川康雄

出版社未来回路製作所/販売元:密林社

出版日2011 年 6 月 12 日

商品カテゴリームック

ページ数116

Supported by amazon Product Advertising API

新聞とか雑誌に載ると家族や親類が勝手に保存しておいてくれるのですが、エッジーなメディアだとそうもいかないのでアレですね。というわけで、引き続き小説家高橋文樹もよろしくお願いします。破滅派もそのうち出ますよ。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2013 年 3 月 27 日に告知の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

「川をのぼり下りするとしても、いったいいつまで続けられるとお思いですか?」
フロレンティーノ・アリーサは五十三年七ヶ月十一日前から、ちゃんと答えを用意していた。
「命の続く限りだ」と彼は言った。

— ガブリエル・ガルシア=マルケス

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。