この投稿は8年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2009 年 5 月 6 日 2,976日前)
673文字 (読了時間1分)

SPONSORED LINK

このブログを更新するのもしばらくお休みしていましたが、また再開することにしました。

このブログは僕が小説家として活動を続けていく上での名刺代わりになればいいなと思っているので、それなりに力を入れたつもりですが、完成はしませんでした。

予想の50%といったところでしょうか。本当はもっとコミュニケーションを取りやすいサイトにしたかったんですが、いつまでもこのままだと先に進まないので、少しずつ直していきたいと思います。なんか、前もそんなこと言ってたような気がしますが…

今回の目玉

今回のリニューアルでは、色々やりましたが、目玉は以下のような感じでしょうか。

実はまだ途中のものが結構たくさんあるんですが、あとはちょっとずつやっていきます。プラグインの整理が結構大変でした。ショートコードは曲者ですね。

それでは5/10(日)の文学フリマも近づいてきましたので、みなさんぜひ遊びに来て下さいね。破滅派に表紙の写真もアップされてますし、お楽しみに。今回も、かなり素晴らしいできになっていますよ。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2009 年 5 月 6 日に告知の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

既存の社会制度の中で生き、それを享受してきた人間にとって、そのシステムに期待するものが何もなかった者たちが、格別恐れもせずにその破壊を試みる可能性を想像することはおそらく不可能なのだ。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。