この投稿は8年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2009 年 4 月 23 日 2,989日前)
302文字 (読了時間0分)

SPONSORED LINK

他のところで告知していますが、破滅派四号の掲載作品が決定しました。詳細は破滅派安否情報をご覧ください。

ちなみに、今回の目玉は以下のようになります。

  • プロの参加が増えた
  • 文学フリマの会場が変更して、参加サークルがかなり増えた
  • 上記の問題に起因して目立つ必要があるので、のぼりを作ったり、缶バッジなどのノベルティを用意したり、Googleアドセンスなどの広告を出稿したりと、色々工夫した
  • 裏方情報としては、エディトリアル・デザイナー二名に参加してもらって、デザインのクオリティを高めることにした

という感じです。最近ちょっと忙しくて高橋文樹.comを更新できていませんが、いましばらくお待ちください。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2009 年 4 月 23 日に告知の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

既存の社会制度の中で生き、それを享受してきた人間にとって、そのシステムに期待するものが何もなかった者たちが、格別恐れもせずにその破壊を試みる可能性を想像することはおそらく不可能なのだ。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。