WordCamp Tokyo 2011終了

この投稿は5年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2011 年 11 月 28 日 2,037日前)
1,100文字 (読了時間2分)

SPONSORED LINK

昨日WordCamp Tokyo 2011に参加してきました。スライドはこちらです。

今回はUstreamでの放送もあったので、埋め込んどきます。

講演後、「TwitterやFacebookによってログインフローを改善する」についての質問やアドバイスを頂いたので、近いうちに実装しようと思ってます。

あと立ち読みもePubのダウンロードではなく、サクッと見せられる方法を考えた方がいいかもしれません。これはインターフェースの改善というお話なので、プラグイン外でできることではあります。

最近では、「単純にコンテンツの数が少なすぎるのかな」とも思いますので、作品を10個ぐらいに増やしたいと考えています。

聞いたセッション

ブロガーのための解析を使ったサイト改善
Voyager Group(元ECナビ)で解析を担当されている春元和正さんによるセッション。専門的な話かと思いましたが、「アクセス解析するとブログを書くのが楽しくなるよ」という話でした。
未来を見据えたレスポンシブ・パブリッシング
gaspanikのこもりまさあきさんによるセッション。レスポンシブ・ウェブデザイン(Twenty Elevenとかにあるような、PCとスマートフォンでレイアウトを変えるもの)の紹介。ePubについても触れられていました。
百式ブログの毎日更新を10年+続けてわかったことと、これからの展望
有名ブロガー百式さんによるセッション。ブログ書いてるとコミュニケーションが円滑になってビジネスがうまくいくよなどの話でした。

感想

今回のビッグイシューはこもりまさあきさんに再会したことです。実は以前会社勤めをしていたときに「会社の金で外部の研修を受けさせてくれ」と懇願して渋谷にあったMDNのデザイン学校(いまはもうない)に通ったことがあります。そのとき、こもりさんが講師をされていて、Webサイト設計の講座にて教わったことがあったんですね。3年ぐらい前だったでしょうか。

懇親会では各地のWordCamper(そんな言葉ある?)ともお会いし、色んなところで開催されていることを知りました。こういうセッションでは色んな出会いがあるのがいいですね。

聞いたところによると、WordCampは言い出しっぺの人が最後まで責任を持って行い、特に年間スケジュールなどが決まっているわけではないようです。そういう自然発生的なところも面白いですね。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2011 年 11 月 28 日に告知の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

どいつもこいつも不味いツラだ

— 尾崎紅葉

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。