WordCamp Tokyo

Hi, I detected your main language is not Japanese. I have an english version of about me, so please try it!

2016 年 9 月 20 日 314日前)
1,382文字 (読了時間3分)

SPONSORED LINK

ブログを書くまでがWordCampということで、今回、自分が実行委員長を務めたWordCamp Tokyo 2016について軽く振り返ってみたいと思います。

まずは起こしいただいた皆さん、ありがとうございました。特に遠方の地や海外からお越しいただいた方は本当にありがとうございました。あなたのWordPressライフにとって何か一つでも貴重な体験ができたならば望外の喜びであります。

そして、惜しげもなく貴重なセッションをしてくれた登壇者の皆さん。皆さんはロックフェスにおけるミュージシャンです。イベントはあなた方なしには成り立ちませんでした。ありがとうございました。

さらに、このイベントをご支援いただいたスポンサーの皆様。皆様のお力添えがなければこのイベントは実現することさえできませんでした。皆様のビジネスにとってこのWordCampが何か一つでも良いきっかけをもたらしていることを心より願います。

そして、ボランティアとして快く参加してくれたスタッフの皆さん。途中交代で委員長になったので焦りましたが、経験豊富なスタッフがたくさんいて助かりました。特に歴代委員長には助けられました。ありがとうございました。

今回のキャンプでは「夜明け」というものをテーマにしていました。混迷を極めている——と書くとネガティブな意味に捉えられてしまうかもしれませんが——WordPressおよびそれを取り巻くWebという世界において、なんらかの道標になるものを見つけてほしいという願いからです。

もし関わった一人一人の方がそうしたものを見つけてくれていたら嬉しいです。

ちなみに、アイキャッチに使っている画像はセッション後の飲み会でテーマレビューが始まったときの一シーンです。僕はこういうのがコミュニティに参加する醍醐味だと思っています。

もちろん、「セッションは飾り、懇親会が本番!」と言いたいわけではありません。ほんのちょっとした瞬間に新しいステップを昇るチャンスが訪れる、と言いたいのです。

それはたとえば、セッションを聞いている最中に意味がわからなくてGoogle検索してみた言葉かもしれません。喫煙室で一緒に煙草を吸った人が言っていた何気ない一言かもしれません。時間つぶしのためになんとなく入ったセッションでの質問タイムかもしれません。

とにかく、SpeakerDeckやWordPress.tvを眺めているだけとは違う何かが訪れることがあります。僕はわりと教条的な人間で、教科書通りにやればだいたいのことはできると思っていますが、それだけでは足りない何かこそがその人の武器になると思っています。

コミュニティに参加することで、そんな何かが起きたりすれば、正解だったのではないでしょうか。

そんなわけで、関わっていただいた皆様、本当にありがとうございました。来年のWordCampもよろしくお願いします!

弱いつながり 検索ワードを探す旅 (幻冬舎文庫)

弱いつながり 検索ワードを探す旅 (幻冬舎文庫) [書籍]

著者東 浩紀

出版社幻冬舎

出版日2016 年 8 月 5 日

商品カテゴリー文庫

ページ数181

ISBN4344425014

WordPressというつながりしかないからこそ、なにか新しいものがもたらされる

Supported by amazon Product Advertising API

 

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2016 年 9 月 20 日にWeb制作の記事として公開しました。

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。