この投稿は5年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2011 年 12 月 26 日 1,917日前)
940文字 (読了時間2分)

SPONSORED LINK

破滅リークリスマス! みなさまクリスマスはいかがお過ごしでしたでしょうか。僕はいい子にしてたので、サンタさんからテラスをプレゼントされました。

テラス(防腐剤が途中で尽きる)
テラス(防腐剤が途中で尽きる)

というのは嘘で、自分で作りました。12/22深夜から12/24夜まで山梨に滞在。帰りの中央高速から見たラブホテルでは、車が行列を作っていました。僕はそれを見ながら、ニッチさんに「ははは、人がゴミのようだ」と言いました。

冬の山梨は寒い

まず、山梨は超寒いですね。これまで家があまり完成していなかったので、12月初旬以降は行かなかったのですが、家がほぼ完成したこともあってこの時期に行ってみました。

一応、ストーブはあるのでそんなに困らないかと思ったのですが、行ってみてめんどくさかったのは「水道が凍ってしまう」こと。北海道じゃあるまいし、水道はそう簡単に凍らないだろうという推測は甘く、見事に凍ってしまいました。悲しいです。水が出ないので、食器洗いがめんどくさかったです。洗面器の水も二時間ぐらいでカチカチになってました。

ダッチオーブン最高

今回はダッチオーブンを持っていって、薪ストーブの上で料理してみましたが、とてもおいしかったです。パンは焦げるも、ローストチキンは上手くできました。

ローストチキン
ローストチキン
パン
パン

夕方以降の作業寒過ぎ

当初の目標は「出窓を作る」だったのですが、TOSTEMのタイ工場が先の大雨で被害を受けて納期が遅れているらしく、間に合わず。しょうがないので、4m四方のテラスを作ることにしました。

一日ぐらいでできるかと思ったのですが、夕方になると厳しかったですね。つなぎの下にフリースは来ていたのですが、死ぬかと思いました。ダウンジャケットとか着ないと無理ですね。

というわけで、短いながら今回の山梨訪問期は終りです。今年はあと一回(大晦日)行こうと思っているので、新年の挨拶は山梨からお届けすることになります。

ダッチオーブン大事典

ダッチオーブン大事典 [書籍]

著者太田 潤

出版社成美堂出版

出版日2009 年 7 月 6 日

商品カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数224

ISBN4415306438

Supported by amazon Product Advertising API

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2011 年 12 月 26 日にその他の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

文学と同じく、音楽も、感情を揺さぶり引っくり返し、そして、まったき悲しみや陶酔を生み出すものと定義することができる。文学と同じく、絵画も、感嘆の思いや世界に向けられた新たな視線を生み出す。しかし、ただ文学だけが、他の人間の霊と触れ合えたという感覚を与えてくれるのだ。その魂のすべて、その弱さと栄光、その限界、矮小さ、固定観念や信念。魂が感動し、関心を抱き、興奮しまたは嫌悪をもよおしたすべてのものと共に。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。