この投稿は7年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2009 年 11 月 28 日 2,678日前)
471文字 (読了時間1分)

SPONSORED LINK

来る12/6(日)の文学フリマにて発売される破滅派五号の内容を破滅派公式ブログに公開しました。

今回、僕が寄稿したのは、二つです。

「英語でお願いします〜イギリス文芸誌の現状とLulu.com〜」

基本的にはイギリスの文芸同人誌「Prototype-X」の編集長ダレン・R・パートリッジ氏とやりとりした内容をインタビュー形式に編集したものです。

ただ、彼とやりとりをしている中で一番衝撃を受けたのが、アメリカの自費出版サービスLuluだったので、それについても書きました。

技術の変遷によって大きな岐路に立たされている出版界はあと数年で劇的な変化を余儀なくされると思います。

それにより、文学もまた大きな影響を受けることでしょう。そうしたことにもちょっと追記してあります。

「伊藤整、のち破滅派〜仙台講演を終えて〜」

こちらは10月末に行った仙台での講演についての所感です。実はまだ書いていないのでなんとも言えないのですが…

というわけで、ご興味を持たれた方は12/6の文学フリマへぜひお越し下さい。当日は僕も売り子をやります。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2009 年 11 月 28 日に告知の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

「そのヘミングウェイというのは、どういう人間なんだ?」
「同じことを何度もくりかえしていうんで、しまいには誰でもそれをいいことと信じちまう男だよ」

— レイモンド・チャンドラー

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。