この投稿は7年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2009 年 4 月 6 日 2,913日前)
630文字 (読了時間1分)

SPONSORED LINK

もう一週間ぐらい更新がなかったため、一応書いておきます。

  1. 現在、下記の理由でちょっと忙しくて、ログの更新が滞りそうなので、ご報告です。
  2. 破滅派四号の発刊が近づいている。
  3. wp-tategakiはだいぶ進んだが、一回サイトデザインを作り直さないと「あ、これイイ!」と思ってもらえなさそうなので、作り直す。縦書と横書が混在しているサイトって見たことがないので、どうデザインしたらいいのかよくわからない。
  4. 会社で携帯の3キャリ対応公式サイトを一ヶ月で作ることになってもう大変。
  5. 息抜きの読書が「存在と無」では苦しい。
  6. ウィスキー1瓶を3日で空けちゃって軽いアル中状態。身体が痲れてから寝る日々。どんな銘柄がいいのかな?
  7. 本棚で「Objective-C」が待ってる。焦る。
  8. 上記のすべてをとっとと終わらせて小説を書かねばならない。

というわけで、しばらくお休みするかと思います。楽しみにされている方がどれくらいいるかわかりませんが、取り急ぎ、ご報告です。

追記

サルトルの「存在と無」が文庫で読めるようになりましたよ。

存在と無〈1〉現象学的存在論の試み (ちくま学芸文庫)

存在と無〈1〉現象学的存在論の試み (ちくま学芸文庫) [書籍]

著者ジャン=ポール サルトル

クリエーターJean‐Paul Sartre, 松浪 信三郎

出版社筑摩書房

出版日2007-11

商品カテゴリー文庫

ページ数632

ISBN4480091068

Supported by amazon Product Advertising API

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2009 年 4 月 6 日に告知の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

既存の社会制度の中で生き、それを享受してきた人間にとって、そのシステムに期待するものが何もなかった者たちが、格別恐れもせずにその破壊を試みる可能性を想像することはおそらく不可能なのだ。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。