fbpx

メニュー

2018年に出た小説雑誌(純文学じゃないエンタメ系の一般文芸雑誌のことをそう呼びます)に掲載された短編を集めた『短編ベストコレクション 現代の小説2019』(日本文藝家協会編)に拙作「pとqには気をつけて」が掲載されました。もう発売されてます。

短篇ベストコレクション 現代の小説2019 (徳間文庫)

短篇ベストコレクション 現代の小説2019 (徳間文庫)書籍

作者日本文藝家協会

発行徳間書店

発売日2019 年 6 月 11 日

カテゴリー文庫

ページ数704

ISBN4198944768

Supported by amazon Product Advertising API

10数年ぶりに持ち込みしてみたら年間ベストに選ばれてしまう、やはり只者ではないですね!

ちなみに、他のラインナップは結構すごくて、東大仏文科の大先輩である帚木蓬生さんをはじめとして直木賞作家がいっぱいいます。

昨年、『ゲームの王国』で一躍有名作家になった小川哲さんもいますが、なんと彼は千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘の出身で、大学も東大、高校は渋谷幕張(僕は高校のとき渋幕の女の子と付き合っていた)、実家は数百メートルしか離れていない、彼の大学院の先輩が僕の同級生、という共通点の多さから、仲良くさせてもらっています。年間ベスト18選のうち2名が朝日ヶ丘出身というディープさ、これは町民マストバイです。

そんなわけで、なにとぞご購入のほどよろしくお願いします。

あと、解説文でこんな記述を見つけたのですが……

デビューが2001年なので、もう18年選手です。

『途中下車』という単著を出していますw もしかしたら「この本は著者にとって黒歴史なのか?」という判断の元にそう書いていただいたのかもしれないのですが、僕は『途中下車』を21歳で書き上げたことを誇りに思っていますよ、念のため。そんなんできひんやん、普通。

途中下車 (幻冬舎文庫)

途中下車 (幻冬舎文庫)書籍

作者高橋 文樹

発行幻冬舎

発売日2005-08

カテゴリー文庫

ページ数168

ISBN4344406850

村上龍、唯川恵激賞の作です。

Supported by amazon Product Advertising API

すべての投稿を見る

高橋文樹ニュースレター

高橋文樹が最近の活動報告、サイトでパブリックにできない情報などをお伝えするメーリングリストです。 滅多に送りませんので、ぜひご登録お願いいたします。 お得なダウンロードコンテンツなども計画中です。