2013

この投稿は4年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2013 年 1 月 3 日 1,544日前)
780文字 (読了時間1分)

SPONSORED LINK

あけましておめでとうございます。今年も高橋文樹.comをよろしくお願い致します。

千葉に越してからはじめての新年ですが、去年に引き続き、山梨にて新年を迎えました。3日には横尾山というわりかし初心者向きの山に登ってきました。

横尾山山頂にてニッチ&パッキンと
横尾山山頂にてニッチ&パッキンと
カヤトの原にて一休み
カヤトの原にて一休み

まさかの積雪でトレイルラン用の靴がびしょびしょになってしまい、下山途中寒い思いをしましたが、楽しい体験をしました。

今年にやりたいことは色々ありますが、優先順位別に次の通りでしょうか。

1. 破滅派を出す
紙の破滅派は丸一年お休みしてしまったので、今年は最低2冊出したいと思います。「最低」と書いたのは、季刊にできたらいいなーという思いを込めてのことです。新年会などを開き、そこで協力者を募りたいと思います。
2. Literally WordPressの拡充
Literally WordPressはビジネスの根幹を支えうるプラグインにこっそりと成長しているとは思うのですが、いかんせん事例が少ないので、今年はその事例を集めるための方策を取りたいと思います。べたに行くと、無料ホスティング+サポートを10人限定で募って成果を見守るという感じでしょうか。
3. 登山
昨年末からはじめた登山+ボルダリングをさらに極めるべくがんばりたいと思います。文学と登山というのは結構相性が良いので、趣味としてもうってつけでしょう。

山に行く心―全エッセイ3 (1980年)

山に行く心―全エッセイ3 (1980年) [書籍]

著者古井 由吉

出版社作品社

出版日1980-04

商品カテゴリー

ページ数301

Supported by amazon Product Advertising API

もちろん、一番の目標は自分の小説を書くということなので、楽しみにされている方がいらっしゃいましたら、そこはかとなくご期待ください。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2013 年 1 月 3 日に告知の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

既存の社会制度の中で生き、それを享受してきた人間にとって、そのシステムに期待するものが何もなかった者たちが、格別恐れもせずにその破壊を試みる可能性を想像することはおそらく不可能なのだ。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。