fbpx

メニュー

名言集

「はじめてホーソーンと知り合ったころからの、それが彼の口癖なんですのよ。最後にキリストに会えたら、自分は坐るつもりだ。決して立ち上がらない、と」

チェスの赤のクイーンのように、われわれはできるだけ速く走ることなしには、今の場所にとどまれない。

既存の社会制度の中で生き、それを享受してきた人間にとって、そのシステムに期待するものが何もなかった者たちが、格別恐れもせずにその破壊を試みる可能性を想像することはおそらく不可能なのだ。

文学と同じく、音楽も、感情を揺さぶり引っくり返し、そして、まったき悲しみや陶酔を生み出すものと定義することができる。文学と同じく、絵画も、感嘆の思いや世界に向けられた新たな視線を生み出す。しかし、ただ文学だけが、他の人間 […]

進歩という考え方には、傲慢さのタネが包含されている。社会的・物質的進歩の推進者は、自分たちの計画が科学的で、不可避で、争う余地がなく、進歩は、それ自体が目的だと考えがちだ。しかし、これが当てはまるのは、特定の社会の圧倒的 […]

悲しみではなにも買えない。 なぜなら悲しみに価値はないからだ。

「川をのぼり下りするとしても、いったいいつまで続けられるとお思いですか?」 フロレンティーノ・アリーサは五十三年七ヶ月十一日前から、ちゃんと答えを用意していた。 「命の続く限りだ」と彼は言った。

ワイルドによれば、読むべからざるものを教えるというのは、大学の公的な使命のひとつにしてもいいくらい重要なことなのである。「この使命は、われわれのこの時代、すなわちあまりにもたくさん読みすぎて感嘆する暇もなく、あまりにもた […]

——まだ小説は書いていますか、といった人がいました。 ——まだ生きてるか、と聞くよりはいいと思ったんだよ。

ちょくちょく気づかされるのだが、並外れて美しい人々というのは、たいてい慎ましく、優しく、愛想がよく、思いやりがある。少なくとも男同士の場合、彼らは友達づくりに大変苦労する。相手に劣等感を持たせないよう、持ってもわずかです […]

「男のひとって変ってるわね」ほかに言いようがないので彼女は呟いた。「坊さんを相手に戦ってるくせに、祈禱書をみやげにくれたりするんですもの」

「つまり、これぞ正真正銘のと呼べる、純正で理想的な、セックスの典型ってあるのかしら?」 「気違いじみてるわね。」花世は呆れ顔だった。「どこの誰がそんなことを知ってるって言うのよ。」

高橋文樹ニュースレター

高橋文樹が最近の活動報告、サイトでパブリックにできない情報などをお伝えするメーリングリストです。 滅多に送りませんので、ぜひご登録お願いいたします。 お得なダウンロードコンテンツなども計画中です。