この投稿は7年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2009 年 12 月 1 日 2,670日前)
1,620文字 (読了時間4分)

SPONSORED LINK

ル・クレジオ死亡説を唱えていた僕でしたが、去る11/29に東大本郷キャンパスでル・クレジオ氏の講演が行われました。

お題目は「フィクションという探求 Une quête nommée fiction」です。

日仏会館にて27日に行われた大江健三郎氏との対談は知らぬ間に予約が終了していましたが、東大での講演を主催するのは僕の在籍していた東大仏文科。OB特権により楽勝で入れるだろうと思っていたところ….

生ル・クレジオを見られるのは赤い番号だけ
生ル・クレジオを見られるのは赤い番号だけ

一時間前に行ったのに既に満席! プロジェクタで同時通訳を聞きながらの「中継席」しか空いてませんでした。ショック。

とまあ、仏文の人たちも大人気すぎてちょっとテンパっていたようです。まあ、しょうがないよね。学者なんだから。スーフリとかならこういうときに上手く捌くんでしょうが。

聞きにきている人たちの中には、それほど文学に関わりを持たなそうな人も多かったようです(完全に偏見ですが)。普段ル・クレジオに興味をもたないであろう人まで呼び寄せるとは、さすがノーベル賞パワー。

両隣の方々はフランス語を解したようで、しきりにメモを取っていましたが、僕は「ふん、俺にはiPhoneがある!」とばかりにボイスレコーダーを起動。講演を録音して何か(?)に使おうと思っていたんですが、途中でiPhoneが落ちたため、断念。機械はまだ、鍛え上げられた人間に勝てないのか…

内容は大体こんな感じでした。メモ取らなかったんで忘れました。

日本の印象
30年前に来た時は和服を着た女の人がいっぱい歩いていた。浅草とか特にそうだった。今は全然いない。日本はとても発展を遂げた国になった。これはいいことでもあり、悪いことでもある
「モンド〜海を見たことがなかった少年〜」ぐらいから創作態度が変わったようだが、何かあるのか
メキシコやタイに行って変わった。しかし、基本的な創作姿勢は一貫している(うろ覚え)

自分でも驚くほど覚えていないですね。

ぽつんとル・クレジオ
ぽつんとル・クレジオ

他、質問タイムなどもありました。個人的に面白かったのは、「私は共著で小説を出したことがあるのですが、辛すぎて辞めました。どうしたら上手く書けますか」という身も蓋もない質問です。「いっぱい読んで書け」みたいな返事を貰ってました。そりゃそうだろ。

その後、中継室にル・クレジオ氏が表れました。プロジェクター越しに氏を見ていた聴衆達は拍手でお出迎え。

懇親会へ突入

これにて講演はお開きとなったのですが、主催の仏文科で懇親会が行われました。僕はOB特権を利用してそこへ突入。手伝いは一切せずにワインを飲んでいました。

そこへル・クレジオ氏が登場。さっきはプロジェクター越しでしたが、今度は生ル・クレジオだ!

ところが、教授達がル・クレジオを取り囲み、つけいる隙無し。僕も僕でそんなに聞きたいことがなかったので、遠巻きに見守るのみでした。感想は「娘(?)が別嬪だった」「背が高いな」ぐらいですかね。

ル・クレジオ氏はおつかれのようで、二〇分ほどでご退席。その後は残ったワインを漁りながら、ロスジェネ文系ポスドクの友人達と鬱病からの復活方法などについて話し合った次第です。

まとまらないけど、終わり。日本でのル・クレジオ人気が高まって、「黄金探索者」などが復刊するといいですね…と思ったら池澤夏樹の世界文学全集に入ってたわ。

フライデーあるいは太平洋の冥界/黄金探索者 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-9)

フライデーあるいは太平洋の冥界/黄金探索者 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-9) [書籍]

著者ミシェル・トゥルニエ, J・M・G・ル・クレジオ

クリエーター榊原 晃三, 中地 義和

出版社河出書房新社

出版日2009 年 4 月 11 日

商品カテゴリー単行本

ページ数532

ISBN4309709613

Supported by amazon Product Advertising API

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2009 年 12 月 1 日に文芸活動の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

変革者というのは、世界の残忍さをそのまま受け入れ、そして一段と激しい残忍さで世界に応酬できる人間のことを言うのだと思う。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。