この投稿は4年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2012 年 6 月 5 日 1,757日前)
1,600文字 (読了時間4分)

SPONSORED LINK

突然ですが、このサイトで販売するePub小説に絵を描いてくれる人を募集しています。小説は二編あって、一つは擬古文のHIPHOP現代小説、もう一つはSF小説です。表紙絵×2と挿絵×2を募集しようと思います。

ちょっと相場感がわからないので、勝手に想像した価格です。僕も買いたたかれるのは好きではないので、あまりにもひどい条件だと思われた方はご指摘ください。

ヒャダインに出された依頼(やらおん!より)
ヒャダインに出された依頼(やらおん!より)

表紙絵(カラー)

1枚。25,000円ぐらい? CDのジャケットがこれぐらいと聞いたことがある気がしたので。

挿絵(モノクロ)

HIPHOPが原稿用紙150枚ぐらい、SFの方が300枚ぐらいなので、その10分の1ぐらいの数が欲しいです。こちらは申し訳ないですが、印税ということでお願いいたします。規定枚数を書いていただければ30%(1部200〜300円ぐらいで販売予定)差し上げます。この30%というのも、なんとなく決めたので応相談です。販売方法については後述します。

募集期限

無期限。応募が全くないようでしたら、別の方法で探します。

求めるテイスト

HIPHOP

こちらは擬古文かつ舞台が現代の六本木というかなりアクロバティックな小説なので、浮世絵っぽいテイストで現代の若者を描ける方。写楽の絵がニット帽かぶってる感じをイメージしてください。

こちらも絵師さんが決まりましたので、募集を締め切ります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Toshusai_Sharaku-_Otani_Oniji,_1794.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Toshusai_Sharaku-_Otani_Oniji,_1794.jpg

SF

こちらはかなりバカっぽい内容なので、くだけたイラストを描ける方を募集します。村上春樹の羊男レベルで構いません。

羊をめぐる冒険(下)より
羊をめぐる冒険(下)より

こちらは絵師さんが決まりましたので、募集を締め切ります。

応募方法

お問い合わせフォームからご連絡ください。その際、できればこれまで描いたものが確認できるとありがたいです。商業媒体での実績はなくても大丈夫です。

以上、不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせからご質問ください。

補足: 挿絵の印税について

挿絵は印税と書きましたが、このサイトでの販売実績が100DLぐらいなので、300円で売っても15,000円ぐらいにしかなりません。イラスト20枚描いて5,000円じゃあんまりなので、最低保証金額として15,000円ぐらい設定します。

もちろん、一生懸命宣伝はしますし、外部のサイト(パブーなど)でも販売してみようと思っています。ただし、パブーで一番売れている文字もの書籍(佐々木俊尚『当事者の時代』)でも3,601DL(この記事執筆時点)とかなので、過度な期待はご遠慮ください。

電子書籍のこれからに期待している方にお願いできればと思っています。誰ですか、やりがい搾取と言った人は。

おまけ: ライトノベルの挿絵の相場

相場といっても、ソースが本日2ちゃんから名指しで批判されたはちま寄稿しかないのですが、岸田メルさんという人気イラストレーターが1冊10〜30万だそうです。このギャラが適正かどうかはよくわからないのですが、ラノベの初版が大体1万部と仮定して、500万の売上から逆算すると、出版社に入るのが300万ぐらいで、印刷代とか印税とかもろもろ抜くとそんなに買い叩かれているわけではないのかなーと。ただし、ものすごい売れた場合は印税じゃないと寂しいですね。

おまけ: 募集の経緯

知り合いにイラストレーターや漫画家はいるのですが、微妙に有名で頼み辛いということと、見ず知らずの人とコラボした方がWebっぽいんじゃないかという思いから募集してみました。

あと、今回は2ちゃんまとめブログからの引用を多めにしてみました。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2012 年 6 月 5 日に告知の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

既存の社会制度の中で生き、それを享受してきた人間にとって、そのシステムに期待するものが何もなかった者たちが、格別恐れもせずにその破壊を試みる可能性を想像することはおそらく不可能なのだ。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。