Yahoo

この投稿は3年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2013 年 10 月 20 日 1,345日前)
1,086文字 (読了時間2分)

SPONSORED LINK

先日、入手困難と言われるiPhone 5sゴールド(64GB)をやっとこさSoftbankで入手しました。いの一番にソフトバンクの店員が箱を開けてしまい、感動も一入。

機種変更の際に「留守電以外いらない」と言ったのですが、例によってオプション強制加入の儀が待っていました。

加入させられたオプション。こんなにいらない。
加入させられたオプション。こんなにいらない。

僕はこういうとき、特になにも考えずにそのままお金を支払い続けるのですが、なぜかYahooプレミアムに強制入会させられることになりました。ところがどっこい、僕は2つのYahooプレミアムアカウントを持っていたのですねー。理由は以下。

  1. まだXiを契約する前にカフェなどで無線LANを使いたかったので契約した
  2. 別アカウントでYahooオークションを使いたかったので契約した

一個は残すとしても、他の2つはいらないですね。早速解約します。

まず、「Yahooプレミアム 解約」でググると知恵袋がヒットしますので、そのリンク先に飛びます。

ちょっと待って! と言われる
ちょっと待って! と言われる

この時点で少し「お、おう…」となりますね。一番下に行くと「次へ」というリンクがあります。

けっこう色々なサービスあるんだね
けっこう色々なサービスあるんだね

また「お、おう…」となります。「面白そうだなー、でもアカウント3つあっても3倍面白くなるわけじゃないしなー」と白目になりつつ、「次へ」を探します。

すごく...小さいです...
すごく…小さいです…

なんかボタンが小さくなっています。「次へ」と「戻る」の位置関係も逆じゃないですか。

とにかく、これをクリックして、さすがにもう終わりだろと思ったところ、もう一回来ます。

Yahoo!ボックスって、知らないんだが。
Yahoo!ボックスって、知らないんだが。

なんか色々やってるなーと口角から泡を吹きつつ、さらに「次へ」を押します。

このページが見たかった!
このページが見たかった!

やったー! やっと退会ページだ! 「はい」をクリックします。

ここでもう一回登録するヤツいるの?
ここでもう一回登録するヤツいるの?

まだ来るかね? もういいやないか!

というわけで、所感としては以下の通りです。

  • 辞めるときに説明しなければいけないことが沢山あるということは、「本当は魅力的だけど誤解されやすいサービス」ってこと?
  • あまりしつこくされると死人に鞭打っているようでこっちが辛い
  • そもそもソフバンショップで「あ、Yahooプレミアムもう入ってるんで」「おk」となればこうならなかった
  • ここまでやるんなら、いっそのこと担当者の顔写真入りで「あなたが退会してしまうと、私の家族が路頭に迷います」とか担当者からのビデオレターなどを設置してもよいのではないか
 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2013 年 10 月 20 日にその他の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

どいつもこいつも不味いツラだ

— 尾崎紅葉

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。