この投稿は1年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2015 年 8 月 12 日 684日前)
1,021文字 (読了時間2分)

SPONSORED LINK

さて、2010年ぐらいから自分のサイトで電子書籍を販売してきましたが、いろいろあってすべてを破滅派に移しました。破滅派にはKindle用のePub書き出し機能がついているので、そこ経由でAmazonにて販売中です。

これまで購入された方は「購入履歴」からファイルをダウンロードすることができます。更新されるたびに最新版のePubを上げていく予定です。

Kindleに移行した経緯

もともとこのサイトは個人的な実験サイトとして立ち上げたものだったので、文学的な活動は破滅派を中心にやっていこうと思っていました。そんな「一時的な実験」状態がいまに至るまで続いたという次第です。

当初は決済から集客まですべてを自分一人でやろうと思っていたのですが、ちょっとしたきっかけがあって「決済手段を持っている」ということそれ自体をあまり重要だと思えなくなったという経緯があります。売れるものは売れるし、売れないものは売れないのです。

すでに販売を開始しているものはそのままで、今後は破滅派にアップしていく作品は原則無料公開、その後人気を集めたら販売開始という形式をとりたいと思います。

値段のつけ方

さて、このサイトでは100円〜500円という価格帯で小説を販売していましたが、Kindleで販売するときは400字詰め原稿用紙1枚当たり2円という根付にしてみました。すると、『ここにいるよ』などはなんと1,000円越え! 電子書籍としてはかなりの高価格帯になってしまいました。KDP界隈の人も「高い!」と驚いていました。

東京守護天使: 警備員書簡体小説 (破滅派)

東京守護天使: 警備員書簡体小説 (破滅派) [Kindle本]

著者高橋文樹

出版社株式会社破滅派

出版日2015 年 7 月 13 日

商品カテゴリーKindle版

ページ数187

この作品(981円)のレビューにも「Kindle本としては高め」と書いてありますね。

Supported by amazon Product Advertising API

値段を安くする、または無料セールを行うなどの施策でダウンロードはされると思うのですが、値下げは最後の砦にしておき、いまの強気な価格帯でどうやったら売れるかということに注力していきます。

このサイトで買われた皆さんは、なにもしなくても資産価値が上がったということで、それは僕からのおごりにしておきます。

それでは、まだ作品をお求めでない方はこちらのページから購入してください。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2015 年 8 月 12 日に創作の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

どいつもこいつも不味いツラだ

— 尾崎紅葉

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。