この投稿は6年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2010 年 12 月 1 日 2,341日前)
985文字 (読了時間2分)

SPONSORED LINK

ロケチリ×今日マチ子
ロケチリ×今日マチ子

破滅派七号の内容が決まりました。12/5(日)の文学フリマで販売されます。

今回は目玉企画ロケチリx今日マチ子「破滅ちゃんテーマソング」の発表があります。

詳細は破滅派の告知ページを見てください。

今回の個人的なプチ目玉

破滅コミューン二〇一〇

このブログでも継続的に書いてきた山梨開拓日誌ですが、事前に告知した通り、武者小路実篤が創設した新しき村への訪問と併せて「破滅コミューン二〇一〇」としています。

今後の予定についても書かれていますので、ご高覧を。

私たちは怒っていLu〜破滅派とLuluの幸福な時代の終わり〜

これはここ最近、電子書籍を出す方法としてLuluを利用した試みの総括です。

二部構成になっていて、第一部は破滅派同人の手嶋君のパート、第二部は僕のパートです。

手嶋君にも書いてもらったのは、まったくWebに詳しくない人の意見も取り入れたかったからです。僕はどうしても技術的な部分とか、裏側のビジネスロジックが気になってしまうので、「一文芸同人誌がLuluに期待していたことの一つ」として書いてもらいました。

僕のパートをちょっと引用します。

われわれの時代は、「電子書籍」をふたたび肯定するにいたったことを、現代の進歩のうちに数えたてているけれども、ここにあげた問いは、今日では忘れ去られている――と、ハイデッガー風に言っておこう。そもそも電子書籍とは何なのか。この問いは古くて新しい。電子書籍とはPDFのことではない。むしろ、電子書籍とは何なのかを考えることによって、出版[パブリッシュ](=公[パブリック]にする)とは何なのかという問いへと先鋭化されることとなるだろう。

破滅派七号「私たちは怒っていLu」

引用部だけだと偉い真面目臭いですが、その他の部分はもっとわかりやすく書いてます。「文芸同人誌+電子書籍」で何かが起きるんじゃないかとか期待している人はぜひ。

Literally WordPressの本格稼働

現在、このサイトでは試験的に電子書籍のダウンロード権を販売していますが、まだやらなければいけないことが二つほど残っているので、12/5までにちゃんと実装して、文学フリマと同時に解禁と行きたいところです。

また、本格的にプラグインを公開したいとも思っています。

それでは皆さん、ぜひ文学フリマにお起し下さい。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2010 年 12 月 1 日に告知の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

許そう、だが忘れんぞ

— エミール・クストリッツァ

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。