この投稿は1年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2015 年 12 月 12 日 501日前)
1,681文字 (読了時間4分)

SPONSORED LINK

別にそういう言葉があるわけではないのですが、最近よく見るのがサイトにオーバーレイをかますものが増えている気がします。「なにそれ?」と思った方は、今見ているこのページの左側にある+マークみたいなボタンをクリックしてみてください。なんか出たでしょ!

ニョキッとでてきたでしょう!
ニョキッとでてきたでしょう!

これはSpot.IMというサービスです。以前は「サイト上にSNSを追加できる」という触れ込みでしたが、スマホ対応がイマイチだったので、サービスをフルリニューアルして、DisQusみたいな感じになりましたね。

Spot.IMでできることは……

コメントフォーム
要するにFacebookコメントとかDisqusみたいな、外部サービスを使ったコメントが作れる。JSだけなので、キャッシュと相性が良い。
ニュースフィード
サイトで起きたことをなんかいい感じにまとめてくれる。といっても、ほとんどコメントしかないんですけどね。
ブロードキャスト
ぼくがDisqusを見限った理由がこれなのですが、ちょっとしたプッシュ通知みたいなものができる(はず)なんですね。左下に通知が出ます。これのなにがすごいかというと、たとえばサイトがめちゃくちゃバズったとして、「やべ、いまこの同時アクセスしている数万人になにかをつたえたい!」と思った場合、すぐさま画面に通知を出せるようです。まあ、サービス開始当初なんでちょっとレスポンス悪いですけど。
サイトの右下に出るはず……
サイトの右下に出るはず……

というわけで、Spot.IMはなかなかおもしろいサービスなのですが、最近こういう「自分のサイトになんらかのオーバーレイをかまして、色々やる」というのが増えてますね。

他にも面白いなとおもったのがinSiteというサービス。

こちらもおしゃれやのう……
こちらもおしゃれやのう……

これは「いままさに見ているサイトのバグ報告ができる」わけですね。

こんな感じでそのままスクショ取れる
こんな感じでそのままスクショ取れる
しかもそのチケットがサイトで確認できる!
しかもそのチケットがサイトで確認できる!

SNSというのは人を対象にしたサービスであり、Facebookはその膨大なユーザーを人質にしてメディアにInstant Articlesの利用を強いようとしています。このサービスの利用に同意する場合、もう読者は自分のサイトには来てくれなくて、Facebook上でコンテンツを消費してハイサヨナラとなるわけですね。

それとはまた別に、Webサイトというか、個人ブログまでを対象にした広義のメディアを対象にして、Facebookよりももうちょっと小分けにしたサービスが増えてますね。

あと、inSiteみたいなBtoB系のサービスも多くなっている印象です。バグ報告なんてBacklogでできるはずなんですけど、まあ使いこなせない人のなんと多いことか。いますよね、「◯◯がバグっています!」とか激昂して10人ぐらいに通知飛ばしている人。

僕もその種のBTSを利用してはや7年ぐらい経つんですが、どうも言語系のコミュニケーションに致命的な欠陥を抱えている人というのがこの世界には一定数いて、そういう人に色々説明をしても所詮それも言葉なので結局なにも変わらないというのが日常茶飯事です。個別具体的に見れば、「なぜこの人は常に主語を省略するのだ?」とか、「あれ、この社長若干アスペってない?」とか、そういう学びもあるのですが、その人にしてみればだからこそバリバリ営業できていたりもするわけで、そういう人を批判してもしょうがないわけです。短所は長所の裏返しですから。

そこで直感的なサービスを提供すると色々はかどるわけですね。

いずれにせよ、サービスの種類がどうこうというより、そのサービスをどういうUIに乗せていくかという争いが現在も行われているのだなと思うと感慨深いですね。終わり。

楽観主義は自分を変える―長所を伸ばす心理学

楽観主義は自分を変える―長所を伸ばす心理学 [書籍]

著者鈎 治雄

出版社第三文明社

出版日2006-01

商品カテゴリー単行本

ページ数206

ISBN4476032680

Supported by amazon Product Advertising API

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2015 年 12 月 12 日にWeb制作の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

なんだって? 僻地の村で十年間の先生稼業か? 食うや食わずの売れない三文作家か? お前はルソーじゃないんだ、坊や。地に足をつけるんだな。

— ジョナサン・リテル

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。