この投稿は8年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2008 年 10 月 17 日 3,140日前)
968文字 (読了時間2分)

SPONSORED LINK

W3Cというのは、Webに関する技術を策定している団体です。そこを見たら、日本語組版処理について検討しているとの情報が書いてありました。

書記システムは,言語,文字と並び,文化を構成する重要な要素である.それぞれの文化集団には独自の言語,文字,書記システムがある.個々の書記システムをサイバースペースに移転することは,文化的資産の継承という意味で,情報通信技術にとって非常に重要な責務といえよう.
この責務を実現するための基礎的な作業として,このドキュメントでは,日本語という書記システムにおける組版上の問題点をまとめた.具体的な解決策を提示することではなく要望事項の説明をすることにした.それは,実装レベルの問題を考える前提条件をまず明確にすることが重要であると考えたからある.
W3C|日本語組版処理の要件

W3Cは学術団体のようなものなので、かなり表現が難しいですが、日本語組版に対して前向きに動いているようです。

なんでこんなことに注目したかというと、Webで縦書きを達成することはとても難しく、「ルビがルビーのことだったとは……」でも書いた通り、特殊な技術を駆使せねばならないのです。

このブログでも、縦書きにしたいのですが、とても時間がかかるので躊躇しています。それこそ、本業に差し支えるほど面倒なことなので……

W3Cその点W3Cが本腰を入れてくれれば、当たり前のように日本語縦書き組版が実現するため、すごいことです。パソコンの画面は縦長だから、長い文章を読むときは絶対に縦書きの方が向いてると思うんですよね。

しかし、W3Cは検討に入ってからそれが世に流布するまで恐ろしく時間がかかるのが常です。たぶん、当たり前のようにWebでの縦書きが実現するのは、3年以上先になるんじゃないでしょうか。

ただし、コンテンツを汎用フォーマットの文書に落としておくことは絶対に必要だと思うので、今のうちからこのブログもそうしておかないと。

Web標準の教科書

Web標準の教科書 [書籍]

著者益子 貴寛

出版社秀和システム

出版日2005 年 7 月 7 日

商品カテゴリー単行本

ページ数607

ISBN4798010928

Supported by amazon Product Advertising API

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2008 年 10 月 17 日にWeb制作, プログラミングの記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

悲しみではなにも買えない。
なぜなら悲しみに価値はないからだ。

— リドリー・スコット

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。