Hi, I detected your main language is not Japanese. I have an english version of about me, so please try it!

2017 年 7 月 3 日 25日前)
583文字 (読了時間1分)

SPONSORED LINK

昨日開票された都議選において都民ファーストの会が圧勝しましたが、「都民ファースト」と言いきられると、東京都に本社を構えつつ自宅は千葉という千葉県民はなんか「おっ、おう……」ってなりますね。

しかも、以前東京に住んでたなごりでいまだに都民共済に入り続けており、さらに東京出身の妻は千葉県民共済に加入しているとなると、もうアイデンティティが分裂しそうです。

そんなわけで、誇り高き名誉千葉都民(二級市民)としては、東京様のために新しい条例案を考えました。

  • もし東京都民Aが別の東京都民Bの目をくりぬいた場合、Aは目を差し出さなければならない。
  • もし東京都民Aが別の東京都民Bの歯をへし折った場合、Aは歯を抜かなければならない。
  • もし東京都民Aが千葉県民Cの歯をへし折った場合、5万円を支払う。
  • もし神奈川県民Dが千葉県民Cの歯をへし折った場合、10万円を支払う。
  • もし埼玉県民Eが東京都民Bの娘を手篭めにした場合、石打ちの刑とする。
  • もし東京都民Bが埼玉県民Eの娘を手篭めにした場合、20万円を支払う。
  • もし千葉県民Cが埼玉県民Eの娘を手篭めにした場合、咎なしとする。

僕は政治・立法の素人なので、ハンムラビ法典を参考にしました。特に他意はありませんが、「たくさんの人が集う東京で都民ファーストって言い切るの、古代バビロニアっぽさあるな」と思ったので。終わり。

 

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2017 年 7 月 3 日にその他の記事として公開しました。

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。