この投稿は7年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2010 年 3 月 7 日 2,577日前)
1,210文字 (読了時間3分)

SPONSORED LINK

Javascritpのコード共有サービス MooShell
Javascritpのコード共有サービス MooShell

Flashにはカヤックさんが作ったwonderflというWebサービスがあって、自分の書いたコードを公開したり、他人の書いたコードをフォークすることができるというのは、Flasherならもちろん知ってると思います。

このWonderflのいいところは、コードを紹介するときに一々パブリッシュしなくてもYoutubeと同じ用な流儀で自分のブログに貼付けたりできることですね。

Javascrptの場合、ブログの投稿欄にscriptタグを書くことさえ許可されていれば、コードの紹介自体ができるんですが、ちょっと面倒です。

で、実はJavascriptにもWonderflみたいなサービスがあって、それがMooShellです。

元々はJavascriptライブラリであるMooToolsのコードを共有するためのものですが、Javascriptであれば動くので、なんだっていいと思います。

書いたコードのページをリンクで共有することもできますし、こんな風に自分のブログに貼ることもできます。(右上の再生ボタンでコード実行)

どうです、インターフェースがかっこいいでしょ!

MooShellの使い方

使い方は簡単です。

  1. まずはMooShellにアクセスします。
  2. ChangeSettingタブをクリックして、TitleとDescriptionを設定します。
  3. もし他のライブラリなどを使っているなら、Add Resourceに追加。この場合、リソースはどっかのサーバに上げておく必要があります。WordPressならアップロードしてそのURLを貼れば簡単ですね。
  4. Choose Versionタブをクリックして、MooToolsのバージョンを選びます。プラグインも使いたいなら選ぶことができます。
  5. Ajaxを使うなら、エンドポイントも提供されています。サンプルを見た方がわかりやすいでしょう。
  6. ページ左下にあるiframeタグを使ってブログに貼付けます(WordPressのビジュアルエディタはiframeを消去するので注意!)

というわけで、簡単にですが紹介してみました。

ブログでJavascriptを紹介するのって、実行コードと説明用コードサンプルを書かないといけないので、面倒くさくてやりませんでしたが、これからは簡単にできそうです。

ちなみに、jQueryを使いたい方は、Google Ajax Libraries APIを使うといいんじゃないでしょうか。

追記@2010-10-17

MooShellはサービスを停止し、JS.Fiddleに統合されるようです。最近はKayacさんがjsdo.itというサービスをリリースしたので、そっちでもいいかも。

JS.Fiddleはこんなかんじです。

JS.FiddleははじめっからMooTools選べます。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2010 年 3 月 7 日にプログラミングの記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

イギリス人は冷静沈着で、人生の出来事を――たとえどれほど悲劇的なことであれ――ユーモアとともに受け止めるやり方を心得てるとよく言われます。かなり当たっています。それがイギリス人の本当に馬鹿なところなんです。ユーモアは救いにならない。結局のところ、ユーモアなどほとんど何の役にも立たないものです。何年間か、あるいはもっと長いあいだ人生上の出来事をユーモアとともに受け止め、場合によってはほとんど最後までユーモアに富んだ態度を貫くこともできるでしょう。とはいえ最後には、人生は人の心を打ち砕かずにはいない。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。