VPS+

この投稿は1年半前の記事です。 情報が古くなっている可能性があるので、その点ご了承ください。
2016 年 3 月 28 日 366日前)
3,324文字 (読了時間8分)

SPONSORED LINK

先日、「乙武さん不倫の謝罪ホームページに見るプロの犯行」という記事が話題になりましたね。ネタがネタだけに、僕も超おもしろツイートをつぶやいたのですが、1ふぁぼで沈死しました。

さて、上述した記事ですが、バズった当日は503エラーを頻発して見られませんでした。はてなブックマークのブコメでもそのようなコメントが頻発しています。たぶんなのですが、さくらVPSあたりでWordPressを立てており、アクセス急増で憤死したという次第でしょう。

村上総裁といえば、面白いWebサービスをバンバン立ち上げることで有名で、その技術力が低いはずはないのですが、やはりバズった時に落ちてしまうと同業者から「おいおい」みたいなコメントが寄せられがちです。

僕も何度かアクセス急増を経験したことがあるのですが、体感的に1日ではてぶ500越えパターンだと、キャッシュなしでは落ちますね。VPSやレンサバでできるキャッシュにも幾つかあるのですが、それぞれ次のようなデメリットを感じました。

Nginxのプロキシキャッシュ
こうやってやるのですが、同時アクセス1,000を超えるとサーバスペックを問われる感じがしました。ちゃんとした人がやればさくらVPS512で、Yahoo!砲食らっても WordPress を平常運転らしいのですが、僕はそこまで耐えられなかったですね。あと、そもそも設定がめんどくさいですね。
W3TotalCacheなどのプラグイン
導入が簡単なのですが、上記と同じく、ある程度の閾値を超えるとサーバスペックが問われます。
AWS CloudFront
負荷対策という点ではほぼ無敵だが、転送量が1ページあたり1MB(画像などコミコミ)だとすると、10万PVで100GBぐらいなので、バズ一発で1,680円の転送料金がかかる(よね?)。テック系の記事だとGoogle AdsenseのRPMが200円超えなかったりするので、10万PV / 1000 * 200円で2,000円となり、あんまり意味ない。従量課金はビジネスとして正義! そりゃあんだけ純利益稼ぐわ。

とういうわけで、それぞれ一長一短あるのですが、やはりバズったタイミングでサーバが落ちてしまうと「なに落ちてんだよププ」みたいなブコメが、生まれてから一度もバズらないまま死ぬんだろうなっていう同業者からついて、ムカつくじゃないですか。とはいえ、AWSもそんな安くないし。

仮に10万PV来ると、こんな感じ?
仮に10万PV来ると、こんな感じ?

そこでCloudFlareパイセンの登場です。とある科学の超電磁砲TMによって、サイトを堅牢にしてくれます。

CloudFlareのいいところ

僕としてはAWSとほぼおなじ料金でだいたい似たような性能を持っているCloudFlareをお勧めします。このCloudFlareを使うと、WordPressのように動的なサイトでも強力にキャッシュでき、なおかつ無料から始められるんですね。

僕はたまたま月額$20の有料ユーザーなのですが、当時はSSLが有料だったのでそのまま払い続けいてるだけで、いまは無料でもSSL使えると思います。キャッシュへの負荷が有料/無料によってどれだけ違うのかはよく知りません。

で、普通にググるとW3TotalCacheなどを使って連携する方法が出てくるのですが、これは画像やJSなどをホストする設定なんですよね。

W3TCの設定画面extensionsにひっそりとCloudFlareの項目が
W3TCの設定画面extensionsにひっそりとCloudFlareの項目が

たしかにそれはそれで効果あるのですが、大量アクセスのときには真っ先にDBが死ぬので、ページキャッシュにCloudFlareを使いたいのですよ。CloudFlareはデフォルトだと静的ファイル(画像, JS, CSSなど)しかキャッシュしないので、DBにアクセスするPHPはキャッシュしてくれないんですね。

で、そのキャッシュ設定(ページルールというものを使います)については、こちらの記事に以前書いたので、参考にしてみてください。個別のページが /article/1234 だったとしたら、/article以下をキャッシュするような感じですね。あ、そうそう、あとコメントフォームはデフォルトのものを使用せず、DisqusFacebookコメントなどの外部サービスを利用することをおすすめします。

さて、一度キャッシュしてしまったら後は二度と削除されなくても構わない男前ブロガーには関係ありませんが、普通は削除や更新がありえますよね。

「ラーメン食べたみがあるな」とブログに書こうとして「おっぱい揉みたみがあるな」と書いてしまい、それが一年にわたってインターネッツの海に漂い続けるのもまた人生ですが、投稿を更新・削除したらキャッシュも消えて欲しいわけです。

そこでどうしたらいいのかというと、まず一つ目はなにかあった場合はCloudFlareの管理画面に入ってキャッシュを消すというアプローチ。大変めんどくさいですが、これはこれでありだと思います。

というのは、「消すのがめんどくさい」という制約があなたのブログ念能力を高めるんですね。クラピカ縛りですね。

HUNTER×HUNTER モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) [Kindle本]

著者冨樫義博

出版社集英社

出版日1998 年 6 月 4 日

商品カテゴリーKindle版

ページ数192

Supported by amazon Product Advertising API

昔の小説家は今の小説家よりも文章を削ることが上手だったと個人的には思うのですが、それは絶対に「直すのがめんどくさいから」なんですよね。いまだったら簡単じゃないですか。なので、自分のブログにおいてはあえて削除をめんどくさくするという手はありだと思います。

よりも無難なアプローチとしては、投稿に変更があったらCloudFlareのAPIを叩いてキャッシュを消しに行くです。僕が採用しているのはこちら。やり方を説明しようと思いましたが、もう眠いのでGithubのファイルを見てください。

CloudFlareの絶大な効果

さて、いままで色々と書いてきましたが、ようするに、こうなるわけですよ。僕が以前書いた代理店やSIerを褒め称える記事では、ブコメ1002で一日10万PVぐらいあったのですが、その転送量はこんな感じ!

こんな感じでアクセスが急増しても……
こんな感じでアクセスが急増しても……
リクエストの97%はCloudFlareが処理!
リクエストの97%はCloudFlareが処理!
VPSのCPUはしーんとなったまま!
VPSのCPUはしーんとなったまま! 左の方でビヨンと伸びてるのは、夜のCron処理。

どうですか。ほとんどサーバ本体には来ていません。

というわけで、「やろうと思えばAWSで複数台構成も余裕だけど自分でブログ立てる分にはそこまでめんどくさいことをしたくない、とはいえ突発的なバズでサーバを落としたくもない、なぜならブコメを書く奴らが許せないから」というブロガーにはさくらVPSのWordPressの前段にCloudFlareを置く構成をオススメいたします。

なお、僕はCloudFlareに金を貰っているどころか払っているユーザーであり、特に知り合いもいません。Facebookグループに投稿してもまったく反応がなかったので、いつか書こうと思っていただけです。というわけで、終わり。

超一流の謝り方

超一流の謝り方 [書籍]

著者千田 琢哉

出版社総合法令出版

出版日2016 年 3 月 23 日

商品カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数188

ISBN4862804950

Supported by amazon Product Advertising API

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。

SPONSORED LINK

この記事について

この記事はが2016 年 3 月 28 日にWeb制作の記事として公開しました。

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

神だって人間を創るとき、新たな創作ができなかったのか敢えてそうしなかったのかは知らぬが、いずれにせよ自分の姿に似せて創った。だからこそ、同時代の作家から一場面をそっくり盗み出していることがあるとアホな批評家に非難されたとき、シェイクスピアはこんな言葉を口にできたのである。「私はうら若い娘さんをお下劣な連中とのつきあいから救い出して上品な社会に入れてやったのです!」同様の批判を受けたとき、これも同じ理由からモリエールはもっと素朴にこう答えている。「俺は見つけたらすぐ自分の財産にする」シェイクスピアもモリエールも正しい。才能あるものは盗まず、奪い取るからである。

— アレクサンドル・デュマ

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。