fbpx

メニュー

ひとつの国を深く知りたいと思ったら、その国の二流作家たちを精読するがいい。真相を反映しているのは彼らだけなのだ。他の作家たちは、同胞の無能さを告発したり、あるいはこれを歪曲したりして、同胞と同じ水平に立とうとしない。いかがわしい証人たちだというべきである。

E・M・シオラン – 生誕の災厄
すべて見る

高橋文樹ニュースレター

高橋文樹が最近の活動報告、サイトでパブリックにできない情報などをお伝えするメーリングリストです。 滅多に送りませんので、ぜひご登録お願いいたします。 お得なダウンロードコンテンツなども計画中です。