fbpx

メニュー

彼はぼくを助けてくれた。ぼくはオフィスを出る前に礼を言い、彼は、大したことはありません、わたくしどもにできる最低限のことですからと言い、彼は、人生を腐らせるバカどもについて毒舌を吐きたいようだったがそれを抑えた、おそらくその毒舌は散々吐かれたのだろう、そしていくら何を言っても何の役にも立たないと知っているのだろう、バカどもは最も強力なのだ。ぼくの方では、ドアを開けて、お邪魔して失礼しました、と、月並みな言葉を発し、その時ぼくは、「邪魔をして失礼しました」というこの表現が自分の人生を要約していることに気がついた。

ミシェル・ウエルベック – セロトニン
すべてのを見る

高橋文樹ニュースレター

高橋文樹が最近の活動報告、サイトでパブリックにできない情報などをお伝えするメーリングリストです。 滅多に送りませんので、ぜひご登録お願いいたします。 お得なダウンロードコンテンツなども計画中です。