WordCamp Tokyo

474件が見つかりました

SPONSORED LINK

  1. WordCamp Tokyo 2008に行ってきました。写真ないけど。

    2008.9.23(9年前) カテゴリー: Web制作, プログラミング

    このブログでたびたび言及しているWordpressとは、ブログを作るためのツールで、昨年だけでも全世界で200万回もダウンロードされています。 WordPressは「エレガントで優れた構造を持ち、PHPとMySQLで構築 […]

  2. はさみ虫が排水口を溯ってくる

    2008.9.22(9年前) カテゴリー: その他

    今日、大家さんが夜中の10時ぐらいに部屋に来て、水漏れしていると思いっ切り尋問してきました。なぜか一階に連れて行かれ(というのも、うちの真下はマンションの入り口なのです)、水がダダ漏れしているのを見せられました。 さも「 […]

  3. 写真なし

    ルビがルビーのことだったとは……

    2008.9.15(9年前) カテゴリー: 創作, 文芸活動

    現在執筆中の小説のネタ探しの過程で知ったんですが、文字に振る「ルビ」って、宝石の「ルビー」を語源に持っているんですと。 昔は字の級数を宝石の名前で表していて、「ダイヤモンド」とか「パール」とかがあり、その中で5.5ポイン […]

  4. Mootoolsの$関数がformで変な挙動をする件

    2008.9.14(9年前) カテゴリー: Web制作, プログラミング

    ぼくは文芸の世界に生きる人間なので、やっぱりテキストが大好きです。なので、RIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)を導入するにしても、やっぱり「動画・アニメーション」というイメージのあるflashよりも、テキス […]

  5. 写真なし

    紙の破滅派が売れた。ネットで。

    2008.9.10(9年前) カテゴリー: 文芸活動, 破滅派

    というわけで、破滅派のお買い物サイトであるhamazon.comにて、はじめて売上が立ちました。いやあ、やってみるものですね。 東京近郊の方ではなかったので、なんで買おうと思ったのか、しつこく尋ねてみたい気持ちが止まりま […]

  6. 写真なし

    クノー『はまむぎ』読解―その多層構造とジレンマ―

    2008.9.6(9年前) カテゴリー: 創作, 文芸活動

    目次 序 『はまむぎ』の四つの特徴 反レアリスム的態度 登場人物達の哲学的思索 新フランス語 様々なナラシオンの使用 レーモン・クノーの個人的な理由 レアリスムの向こう側へ 哲学の口語訳 小説による言語改革 ナラシオンの […]

  7. 写真なし

    同人誌を取り扱う本屋って、素敵だね。

    2008.9.5(9年前) カテゴリー: 文芸活動, 破滅派

    破滅派をWeb上での活動だけではなく、リアルな出版物にしようと思い立ってから、もうすぐ一年になろうとしています。お金儲けをしようとしているわけじゃないけれど、できれば多くの人に読んでもらいたいと思うので、書店営業とかもし […]

  8. 写真なし

    .htaccessの正体見たり、枯れ尾花

    2008.9.1(9年前) カテゴリー: Web制作, プログラミング

    先日、お仕事で専有サーバをはじめて借りた。Wordpressにてサイト構築というお仕事だったのだけれど、管理画面に入れないというとんでもない事態が起きた。なんとか解決し、その過程で.htaccessに対する理解が深まった […]

  9. 写真なし

    第七回文学フリマ参加決定した

    2008.8.28(9年前) カテゴリー: 文芸活動, 破滅派

    毎度落選率が40%ぐらいでビクビクさせられる文学フリマだけど、見事当選確定。破滅派三号を発刊して売りさばくことが決まりました。スケジュールも発表済みです。 ところで毎度思うのは、本を出すのは本当に大変だということ。 本を […]

  10. 鴨川の海にて、悠々自適生活に憧れてみる

    2008.8.25(9年前) カテゴリー: その他

    先日(8/22)に千葉県の鴨川市へ行ってきました。普通の海水浴だったのですが、曇天模様の空の下、楽しく泳いできました。 中でも僕が好きなのは、波乗り遊びです。波乗りといっても、サーフボードなどは使わず、クロールで波に乗る […]

  11. 写真なし

    文芸作品としてのコード、コードとしての文芸作品

    2008.8.21(9年前) カテゴリー: Web制作, プログラミング, 文芸活動, 読書日記

    最近、『Code Reading オープンソースから学ぶソフトウェア開発技法』という本を買った。ソフトウェア開発をする仕事をしているわけでもなく、本書で紹介されているJavaやC++のプログラマーでもないので、あんまり自 […]

  12. 写真なし

    ランボーの幼少期散文

    2008.8.16(9年前) カテゴリー: 文芸活動, 翻訳

    Ⅰ プロローグ 太陽はなお熱い、しかし、もうほとんど大地を照らしてはいなかった。巨大なアーチの前に据えられた松明がもはや弱々しい光によってしか輝かないのと同じように、太陽は、大地の松明は、その炎の身体から最後の弱い光を放 […]

SPONSORED LINK

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

神だって人間を創るとき、新たな創作ができなかったのか敢えてそうしなかったのかは知らぬが、いずれにせよ自分の姿に似せて創った。だからこそ、同時代の作家から一場面をそっくり盗み出していることがあるとアホな批評家に非難されたとき、シェイクスピアはこんな言葉を口にできたのである。「私はうら若い娘さんをお下劣な連中とのつきあいから救い出して上品な社会に入れてやったのです!」同様の批判を受けたとき、これも同じ理由からモリエールはもっと素朴にこう答えている。「俺は見つけたらすぐ自分の財産にする」シェイクスピアもモリエールも正しい。才能あるものは盗まず、奪い取るからである。

— アレクサンドル・デュマ

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。