タグ: 論争

Hi, I detected your main language is not Japanese. I have an english version of about me, so please try it!

5件が見つかりました

SPONSORED LINK

  1. STAP細胞のおかげでFacebookがまた好きになった

    2014.4.19(3年前) カテゴリー: その他

    STAP細胞の件について、まだ議論が続いていることが興味深かったので、それについてしたためます。主にFacebook上で気になった意見は次のやつですね。 問題は論文の質などという些末なことではなくSTAP細胞の存在可否で […]

  2. 沙村河内氏はゴーストではなくサロゲートを使うべきだった

    2014.3.9(4年前) カテゴリー: その他

    沙村河内氏のゴーストライター問題で佐々木俊尚さんのツイートを見ていてふと思ったので、ゴーストライター問題について所感をしたためます。 売れてないけど良い本っていっぱいあって、そういう著者が陽の当たる場所に出てきて欲しいと […]

  3. Web約聖書外典 トクリ記

    2013.4.19(4年前) カテゴリー: 文体練習

    これはウエブの預言者トクリの話である。 トクリはウエブで人々を集めて言われた。「見よ、ヤマモトとハヤトが争っている」人々は畏れ、喚いた。 また、トクリは言われた。「私が争いを治めてみせよう、そのためにあなた方は広場と酒と […]

  4. 写真なし

    ポストモ断捨離のススメ

    2013.1.8(5年前) カテゴリー: 読書日記

    いまさら断捨離とかいいはじめて恐縮なんですが、先日Amazonさんに薦められるまま、『知の欺瞞 ポストモダン思想における科学の乱用』という本を読みました。 大学生ぐらいの頃に翻訳が出ていたので「ソーカル事件」とそれについ […]

  5. 写真なし

    jQuery vs MooTools(和訳)

    2009.5.23(8年前) カテゴリー: プログラミング

    MooToolsの開発者がわざわざドメインを取ってまで書いていたので、全訳してみました。コードハイライターは自作なので、インデント付けがまだできてません。そこら辺が読みづらいのはご勘弁を。 jQuery vs MooTo […]

SPONSORED LINK

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

文学と同じく、音楽も、感情を揺さぶり引っくり返し、そして、まったき悲しみや陶酔を生み出すものと定義することができる。文学と同じく、絵画も、感嘆の思いや世界に向けられた新たな視線を生み出す。しかし、ただ文学だけが、他の人間の霊と触れ合えたという感覚を与えてくれるのだ。その魂のすべて、その弱さと栄光、その限界、矮小さ、固定観念や信念。魂が感動し、関心を抱き、興奮しまたは嫌悪をもよおしたすべてのものと共に。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ