WordCamp Tokyo

28件が見つかりました

SPONSORED LINK

  1. WordCamp Tokyo 2008に行ってきました。写真ないけど。

    2008.9.23(9年前) カテゴリー: Web制作, プログラミング

    このブログでたびたび言及しているWordpressとは、ブログを作るためのツールで、昨年だけでも全世界で200万回もダウンロードされています。 WordPressは「エレガントで優れた構造を持ち、PHPとMySQLで構築 […]

  2. Mootoolsの$関数がformで変な挙動をする件

    2008.9.14(9年前) カテゴリー: Web制作, プログラミング

    ぼくは文芸の世界に生きる人間なので、やっぱりテキストが大好きです。なので、RIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)を導入するにしても、やっぱり「動画・アニメーション」というイメージのあるflashよりも、テキス […]

  3. 写真なし

    文芸作品としてのコード、コードとしての文芸作品

    2008.8.21(9年前) カテゴリー: Web制作, プログラミング, 文芸活動, 読書日記

    最近、『Code Reading オープンソースから学ぶソフトウェア開発技法』という本を買った。ソフトウェア開発をする仕事をしているわけでもなく、本書で紹介されているJavaやC++のプログラマーでもないので、あんまり自 […]

  4. 写真なし

    WordPressのパスワード認証を別アプリに流用する方法

    2008.8.14(9年前) カテゴリー: Web制作, プログラミング

    最近、破滅派関連のhamazon.comというサイトを作っている。ベースはWordpressで、なんとかECサイトっぽくしようとがんばっている。カート部分はSSL通信を利用しようと思ったんだけれど、共有サーバなので、SS […]

SPONSORED LINK

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

イギリス人は冷静沈着で、人生の出来事を――たとえどれほど悲劇的なことであれ――ユーモアとともに受け止めるやり方を心得てるとよく言われます。かなり当たっています。それがイギリス人の本当に馬鹿なところなんです。ユーモアは救いにならない。結局のところ、ユーモアなどほとんど何の役にも立たないものです。何年間か、あるいはもっと長いあいだ人生上の出来事をユーモアとともに受け止め、場合によってはほとんど最後までユーモアに富んだ態度を貫くこともできるでしょう。とはいえ最後には、人生は人の心を打ち砕かずにはいない。

— ミシェル・ウエルベック

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ

不定期メルマガ

高橋文樹.comでは、不定期でニュースレターを配信しています。滅多に送らないので是非購読してください。

高橋文樹.comではプライバシーポリシーに準じて登録情報を取り扱います。