fbpx

メニュー

変革者というのは、世界の残忍さをそのまま受け入れ、そして一段と激しい残忍さで世界に応酬できる人間のことを言うのだと思う。

神だって人間を創るとき、新たな創作ができなかったのか敢えてそうしなかったのかは知らぬが、いずれにせよ自分の姿に似せて創った。だからこそ、同時代の作家から一場面をそっくり盗み出していることがあるとアホな批評家に非難されたと […]

私にはポルノの定義はできないが、見ればわかる。

尾崎紅葉 – 出典不明

どいつもこいつも不味いツラだ

『ザナドゥへの道』と『フィネガンズ・ウェイク』との両方について言えるただ一つの特徴は、こういう本は一冊でたくさんだということだ。

「そのヘミングウェイというのは、どういう人間なんだ?」 「同じことを何度もくりかえしていうんで、しまいには誰でもそれをいいことと信じちまう男だよ」

どこの国に行っても馬鹿の数が一番多い

小説の《描写》は必要である。そして、だからこそ、報われない。

許そう、だが忘れんぞ

なにもしなかったということは、悪いことをしなかったということではない

ふう! 伝記作家って、悪魔だな。

「でも、坊主、おまえの詩句は間違ってるぞ」 「何だってんです? どうしようもないでしょ。これは十三音綴の詩、それだけですよ。なんで詩句が十二音綴なんですか? 馬鹿げてますよ。僕は自分の詩にもう一音綴加える。僕にはその権利 […]

高橋文樹ニュースレター

高橋文樹が最近の活動報告、サイトでパブリックにできない情報などをお伝えするメーリングリストです。 滅多に送りませんので、ぜひご登録お願いいたします。 お得なダウンロードコンテンツなども計画中です。