メニュー

名言集

人と話をするのは都会の人間のすることだ。田舎では違うんだ。私の家では話をしないんだ。誰も話をしない。私はクララと話をしないし、彼女も私と話をしない。子供たちもそうだ。誰も話をしない。話すってことをしないんだ。それに、私も […]

Vladimir Nabokov – Lolita

Lolita, light of my life, fire of my loins. My sin, my soul. Lo-lee-ta: the tip of the tongue taking a trip of […]

人生は苦しみと失望に満ちているものだ。したがって、あらたなリアリズム小説を書くことは無益である。現実一般についてなら、わたしたちはすでに、どれくらいのところで我慢すればいいかを知っているし、人生についてそれ以上を学ぼうと […]

スターリンに言えないなら 誰にも言うな

「はじめてホーソーンと知り合ったころからの、それが彼の口癖なんですのよ。最後にキリストに会えたら、自分は坐るつもりだ。決して立ち上がらない、と」

チェスの赤のクイーンのように、われわれはできるだけ速く走ることなしには、今の場所にとどまれない。

既存の社会制度の中で生き、それを享受してきた人間にとって、そのシステムに期待するものが何もなかった者たちが、格別恐れもせずにその破壊を試みる可能性を想像することはおそらく不可能なのだ。

文学と同じく、音楽も、感情を揺さぶり引っくり返し、そして、まったき悲しみや陶酔を生み出すものと定義することができる。文学と同じく、絵画も、感嘆の思いや世界に向けられた新たな視線を生み出す。しかし、ただ文学だけが、他の人間 […]

進歩という考え方には、傲慢さのタネが包含されている。社会的・物質的進歩の推進者は、自分たちの計画が科学的で、不可避で、争う余地がなく、進歩は、それ自体が目的だと考えがちだ。しかし、これが当てはまるのは、特定の社会の圧倒的 […]

悲しみではなにも買えない。 なぜなら悲しみに価値はないからだ。

「川をのぼり下りするとしても、いったいいつまで続けられるとお思いですか?」 フロレンティーノ・アリーサは五十三年七ヶ月十一日前から、ちゃんと答えを用意していた。 「命の続く限りだ」と彼は言った。

ワイルドによれば、読むべからざるものを教えるというのは、大学の公的な使命のひとつにしてもいいくらい重要なことなのである。「この使命は、われわれのこの時代、すなわちあまりにもたくさん読みすぎて感嘆する暇もなく、あまりにもた […]