アーカイブ

Hi, I detected your main language is not Japanese. I have an english version of about me, so please try it!

人生は苦しみと失望に満ちているものだ。したがって、あらたなリアリズム小説を書くことは無益である。現実一般についてなら、わたしたちはすでに、どれくらいのところで我慢すればいいかを知っているし、人生についてそれ以上を学ぼうという気にはほとんどなれない。

ミシェル・ウエルベック – H・P・ラブクラフト 世界と人生に抗って

スターリンに言えないなら 誰にも言うな

作者不明 – ロシアの道路にある看板

「はじめてホーソーンと知り合ったころからの、それが彼の口癖なんですのよ。最後にキリストに会えたら、自分は坐るつもりだ。決して立ち上がらない、と」

フィリップ・K・ディック – 高い城の男

チェスの赤のクイーンのように、われわれはできるだけ速く走ることなしには、今の場所にとどまれない。

ノーバート・ウィーナー – インフォメーション 情報技術の人類史

既存の社会制度の中で生き、それを享受してきた人間にとって、そのシステムに期待するものが何もなかった者たちが、格別恐れもせずにその破壊を試みる可能性を想像することはおそらく不可能なのだ。

ミシェル・ウエルベック – 服従

文学と同じく、音楽も、感情を揺さぶり引っくり返し、そして、まったき悲しみや陶酔を生み出すものと定義することができる。文学と同じく、絵画も、感嘆の思いや世界に向けられた新たな視線を生み出す。しかし、ただ文学だけが、他の人間の霊と触れ合えたという感覚を与えてくれるのだ。その魂のすべて、その弱さと栄光、その限界、矮小さ、固定観念や信念。魂が感動し、関心を抱き、興奮しまたは嫌悪をもよおしたすべてのものと共に。

ミシェル・ウエルベック – 服従

進歩という考え方には、傲慢さのタネが包含されている。社会的・物質的進歩の推進者は、自分たちの計画が科学的で、不可避で、争う余地がなく、進歩は、それ自体が目的だと考えがちだ。しかし、これが当てはまるのは、特定の社会の圧倒的多数がこのビジョンを受け入れようとするときだけだ。一九七九年の物語は、これを拒絶した人々の物語として見ることができる。

クリスチャン・カリル – すべては1979年から始まった 21世紀を方向付けた反逆者たち

悲しみではなにも買えない。
なぜなら悲しみに価値はないからだ。

リドリー・スコット – 悪の法則

「川をのぼり下りするとしても、いったいいつまで続けられるとお思いですか?」
フロレンティーノ・アリーサは五十三年七ヶ月十一日前から、ちゃんと答えを用意していた。
「命の続く限りだ」と彼は言った。

ガブリエル・ガルシア=マルケス – コレラの時代の愛

ワイルドによれば、読むべからざるものを教えるというのは、大学の公的な使命のひとつにしてもいいくらい重要なことなのである。「この使命は、われわれのこの時代、すなわちあまりにもたくさん読みすぎて感嘆する暇もなく、あまりにもたくさん書きすぎて考える暇もない現代では、焦眉の急なのだ。現代の混沌たる教育課程から「悪書百点」を選び出して、その目録を発表しようとする人は誰でも、本当の永続的な恩恵を若い世代に与えることになるだろう」

ピエール・バイヤール – 読んでいない本について堂々と語る方法

——まだ小説は書いていますか、といった人がいました。
——まだ生きてるか、と聞くよりはいいと思ったんだよ。

大江健三郎 – 臈たしアナベル・リイ 総毛立ちつ身まかりつ

ちょくちょく気づかされるのだが、並外れて美しい人々というのは、たいてい慎ましく、優しく、愛想がよく、思いやりがある。少なくとも男同士の場合、彼らは友達づくりに大変苦労する。相手に劣等感を持たせないよう、持ってもわずかですむよう、常に努力しなくてはならない。

ミシェル・ウエルベック – 闘争領域の拡大

高橋先生の電子書籍

高橋先生の電子書籍

Amazonで電子書籍も買えます。

好きな言葉

ワイルドによれば、読むべからざるものを教えるというのは、大学の公的な使命のひとつにしてもいいくらい重要なことなのである。「この使命は、われわれのこの時代、すなわちあまりにもたくさん読みすぎて感嘆する暇もなく、あまりにもたくさん書きすぎて考える暇もない現代では、焦眉の急なのだ。現代の混沌たる教育課程から「悪書百点」を選び出して、その目録を発表しようとする人は誰でも、本当の永続的な恩恵を若い世代に与えることになるだろう」

— ピエール・バイヤール

高橋先生の処女作

『途中下車』高橋文樹

2001年幻冬舎NET学生文学大賞受賞作です。

Web制作やります

Web制作やります

Web制作のご依頼は株式会社破滅派へ