%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-15-14-33
「有料化しました〜♪」でいいじゃんね

SPONSORED LINK

以前も書きましたが、DoorKeeperが有料化したあおりで、オープンソースなどの勉強会が「どうしよう?」となっているのをあちこちで見聞きします。

利用料払うのが嫌なら自分でホスティングすればいいのでは、と思ったので、やってみました。そろそろWordBench千葉をやろうかなと(勝手に)計画しているので、そのついでです。

とりあえず無料イベント

さて、イベントサイト化する対象は「破滅サロン」。以前は「誰でも使える無目的スペース破滅サロン」の情報サイトとして利用していた hametuha.tokyo ドメインのWordPressです。必要なプラグインは次の通り。

The Event Calendar
イベントを掲載可能にするプラグイン。必要なものは割と揃っている。
Event Tickets
上記のイベントにチケットを追加するプラグイン。

両方とも Modern Tribe, Inc. が出しているプラグインですね。Event TicketsはRSVP(Répondez s’il vous plaît=「お返事ちょうだいね」の略らしい)機能があるので、「行くか行かないか」の出欠を取ることができます。DoorKeeperのCEOが言っていたとおり、ほとんどのイベントは利用料をとらない(もしくは現地払い)なので、これで目的は達成できます。

こんな感じでRSVPを追加できる
こんな感じでRSVPを追加できる

この時点でサーバ代金がAWSのt2.microで$14/月。ぶっちゃけさくらのレンサバ(500円)とかでもいいとは思います。

有料チケットも販売したい

さて、有料チケットを販売するとなると、もう少し追加で必要なプラグインが出てきます。

Event Tickets Plus
Event Ticketsの有料版。チケットを販売することができる。年額8,800円(ぐらい)
WooCommerce
Event Tickets Plusのチケット販売方法として利用されるプラグイン。たったそれだけのことでWooCommerceをインストールするのがWordPressっぽい。ドライバーが欲しいので十徳ナイフ買ってきましたみたいな。

これで一応、チケットを販売できます。WooCommerceはデフォルトだとPayPalかStripeしか決済方法がないのですが、ちょうど一昨日Stripeが日本展開しはじめたので、それでいいんじゃないでしょうか。審査があるかどうかは知りません(※どの国内決済会社もイベントは審査辛めです。海外の方がザルでいいかも。どうせJCB使わないし)

さて、これでいいかというと、決済する場合はSSLにした方がよいですね。僕の場合はCloudFlareをかぶせてあるので無料ですが、さくらとかだとラピッドSSLで1,500円/年ですね。レンサバでLet’s Encryptとか使えるのかどうか知りませんが、できたとしても自動更新の設定が面倒なので、金で解決したいところです。

とにかく、これでサイトはできました。

デザインはStoreFrontを使って2時間で作りました
デザインはStoreFrontを使って2時間で作りました

とまあ、有料チケットを販売するとなると、結局月額1,500円を超えてしまいますね。したがって、選択肢としては以下の通りでしょうか。

  • そのままDoorKeeper使う
  • 代替サイト(Peatix, Connpass)を使う。IT系でPeatixが人気ないのはなぜ?
  • 自分のサイトでがんばる

特殊なことをしない限りは、サービスを利用した方が楽だしコストもかからなそうですね。

あとは、スポンサーを募るとか……。ある程度大きなコミュニティであれば、レンサバ会社がホスティングしてくれるかもしれません。たとえば、コワーキングスペースCoEdoなんかはイベント会場がCoEdoである限りDoorKeeper使わせてくれるはずで、あれもある意味でスポンサー制度ですよね。

というわけで、タイトルの「DoorKeeper問題をセルフホストサイトで解決できるか」とい問いに関しては「できるけど月額1,500円は別にそんな高くないんじゃないの」という回答となりました。終わり。

 

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。