SPONSORED LINK

1979年8月16日
千葉県千葉市花見川区朝日ヶ丘に生まれる。その後、ずっと朝日ヶ丘で育つ。同じ誕生日の人はチャールズ・ブコウスキー、菅原文太、ジェームズ・キャメロン、マドンナ、西田ひかる。
1986年
千葉市立花園小学校入学。小学校在学中に昭和天皇崩御、消費税導入、バブル崩壊などの重要事件が起きる。
1992年
千葉市立花園中学校入学。体罰が横行している学校で、陰惨な中学生活を送る。
1995年4月
千葉県立千葉高等学校入学。柔道部に所属。青春を謳歌する。高橋文樹史上、もっとも美しい時代の一つ。
1998年4月
東京大学文科Ⅲ類入学。
2000年4月
大江健三郎のようになることを目指し、東京大学文学部言語文化学科仏語仏文学専修過程(いわゆる東大仏文)に進学。
2001年8月
処女長編『途中下車』にて幻冬舎NET学生文学賞大賞を受賞。村上龍、唯川恵ら選考委員の絶賛を受ける。
2003年3月
東京大学文学部卒業。卒論は「クノー『はまむぎ』読解―その多層構造とジレンマ―」。
2003年5月
ビルの常駐警備としてアルバイトをしながら、小説を書く。とても長い冬の時代の始まり。
2004年2月
会社を突然辞めた友人とともに、北千住でルームシェアを始める。漫画家、小説家志望などと一緒に毎日創作談義などを交わしながら生活。高橋文樹史上、もっとも輝いていた時代の一つ。当時の様子は『東京守護天使』『北千住ソシアルクラブ』『フェイタル・コネクション』にまとまっている。
2006年12月
柔道をするために通っていた道場で右膝十字靭帯を断裂し、手術を受ける。深刻な金欠となり、そろそろ就職した方がいいかもと焦り、簿記二級とTOEICを受ける。簿記は合格、TOEICは800点ぐらい。
2007年3月
あまりにも発表の機会がないため、Web上で作品発表をするという友人の誘いに乗り、オンライン文芸誌「破滅派」を始動。同時期、もともと付き合いのあった新潮社の編集者に「もう新人賞に出すしかない」と言われる。
2007年7月
破滅派の延長で「どうせWebサイト作るなら仕事した方がいいだろう」との思いからWeb制作会社に入社。月300時間を超えるブラック労働が始まる。
2007年9月
『アウレリャーノがやってくる』にて第39回新潮新人賞を受賞。
2008年6月
高橋文樹.comを始動
2009年8月
犬を飼い始める。名前はニッチ
2009年11月
ひょんなことから山梨に土地を300坪購入する。DIYにて建設を開始。
2010年1月
千葉市芸術文化新人賞を受賞。ほとんど年の変わらない千葉市長に会う。
2010年5月
株式会社破滅派を設立し、代表取締役に就任。
2010年12月
本サイトにて電子書籍の販売を開始(いまはKindleストアにて販売中)
2011年9月
はじめての破滅フェス開幕。
2012年2月
山梨の家、2年以上の歳月を費やし、ついに完成
2012年2月
二匹目の犬を飼い始める。名前はパッキン
2012年4月
10年近く住んだ東京を離れ、千葉に都落ち
2013年1月
スノーボードで墜落し、骨盤を4箇所骨折、死にかける。死生観が変わる。
2013年5月
死生観が変わったので結婚する。
2013年9月
第二回破滅フェスを開催する。台風に見舞われる。
2013年12月
子供が生まれる。しかも双子で、いきなり二児の父になる。
2014年1月
マルハニチロの農薬入り冷凍食品事件に巻き込まれる。
2014年9月
破滅サロンをオープンする。しかし、誰も来ない。
2015年7月
破滅派でkindle本の販売を開始。
2016年4月
ゲンロンが主催するゲンロンSF創作講座に参加。アウェイの洗礼を受ける。
2016年8月
次男が産まれ、三児の父になる
2016年9月
WordCamp Tokyo 2016の実行委員長を務める。

以上。

フォローしてください

ここで会ったのもなにかの縁。
高橋文樹.comの最新情報を見逃さないためにもフォローをお願いします。
めったに送らないメルマガもあります。